ハークスレイ、上期は大幅営業増益 商品力強化など奏功

外食 決算 2018.12.03 11803号 03面

 【関西】ハークスレイの19年3月期第2四半期連結は、商品力の強化や利用機会向上施策の結果、売上高230億6100万円(前年比0.1%増)、営業利益4億2100万円(同68.5%増)、経常利益6億4100万円(同32.3%増)、四半期純利益3億6000万円(同9.4%減)となった。  持ち帰り弁当事業の売上高は91億円(同2.3%減)。高単価メニューや季節メニューを積極提案。さらに「ノーキッチンDay」キャンペーンや、「手軽におひとつ!」をキーワードに、軽食利用もできる「ほっ

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら