バナナ食べて運動を ドール、初の臨床試験で効果確認

農産加工 ニュース 2019.03.01 11842号 07面
バナナを食べて東京タワー階段を駆け上がり、「バナにゃーのおかげで疲れ知らず」と感想を述べた猫ひろし(中央)

バナナを食べて東京タワー階段を駆け上がり、「バナにゃーのおかげで疲れ知らず」と感想を述べた猫ひろし(中央)

 東京マラソンを目前にした2月21日、ドールが設立した「バナナ・パイン研究所」は、業界初の臨床試験「バナナ摂取が運動に及ぼす効果」の発表会を東京タワーホールで行った。  マラソンランナーでタレントの猫ひろし、谷川真理も登壇し、猫ひろしはバナナを食べて東京タワーの階段を駆け上がる実証イベントにも挑戦した。  試験を行った大澤俊彦名古屋大学名誉教授、愛知学院大学心身科学部客員教授は、「バナナはスポーツに相性がよいと慣習的に運動前や運動中に食べられてきたが、今回の試験で科学的根拠を

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら