国内最大級の植物工場開設 東京電力エナジーパートナーら3社、合弁会社設立

静岡県藤枝市に開設する植物工場の完成予想図

静岡県藤枝市に開設する植物工場の完成予想図

 静岡県藤枝市に2020年、単一の野菜では国内最大規模の植物工場が完成する。東京電力エナジーパートナー(東電EP)と芙蓉総合リース(芙蓉リース)、ファームシップの3社は25日、植物工場による葉物野菜の生産・販売事業を行う合弁会社を設立することで基本契約を締結した。合弁会社の設立に向けた出資金は5億円、植物工場の整備に向けた投資金額は数十億円規模としている。今後は4月にも新会社「彩菜生活合同会社」を設立し、準備が整い次第、工事に着手、完成と出荷開始は20年春を予定している。  

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら