静岡メイカン、沼津で春季展示会 地域の味、食文化守る

卸・商社 展示会 2019.03.01 11842号 05面
「東海4県の逸品」コーナー

「東海4県の逸品」コーナー

 【静岡】静岡メイカンは2月20日、プラサ ヴェルデ(沼津市)で「2019春季総合食品展示商談会」を開催。会場には、252社(常温106社・低温146社、新規36社含む)が出展して、県内のSMをはじめ取引先関係者らが多数来場した。  小寺仁康社長は取材に対して「食品業界は買い場の広がりによって競争が激化。さらに中部エリアには流通再編という大波が押し寄せ、さらなる混迷が予期される」と話した上で「時代の変化とともに地域の味が失われつつある。それらを次世代に継承することが地域卸の使

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら