悠心・二瀬克規社長に聞く 液体・粘体充填の新潮流 固形物への対応がカギ

これまでの液体・粘体充填の常識を覆した新型充填機

これまでの液体・粘体充填の常識を覆した新型充填機

 新技術の活用で、飲料や調味料など液体・粘体食品の小袋充填(じゅうてん)が劇的に変わるかもしれない。技術開発に取り組むのは、新潟県三条市に本社を構える悠心。高速自動充填機「DANGAN」シリーズのほか、ユニバーサルデザイン包装「アンプルカット」、開封後も内容物の劣化を防ぐ鮮度保持容器「PID」など、革新的な充填包装システムの開発に携わってきた二瀬克規社長が率いる技術者集団だ。二瀬社長に液体・粘体小袋包装業界のトレンドと、19年度から本格展開する新型充填システムの概要について聞

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら