本紙・新製品研究会セミナー 睡眠関連市場の可能性を探る 質向上でより良い眠りを

「眠り」をテーマに東京都内で開催された新製品開発セミナー

「眠り」をテーマに東京都内で開催された新製品開発セミナー

 複雑な現代社会を背景としたメンタルケア意識の高まりで、睡眠の質向上に対する注目度が高まっている。睡眠に不満を持つ会社員は年々増加し、最新の調査では日常業務において睡眠課題が大きく影響を及ぼすことが判明した。日本食糧新聞社・新製品研究会が22日に『眠り』をテーマに開催したセミナーでは、睡眠サポートサプリ「グリナ」で存在感を高める味の素社と、体内時計調節作用のある機能性食品素材「ネムノス」を展開するコンビの事例を紹介し、今後成長が期待される睡眠関連市場の可能性を探った。  厚生

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら