福島県、「ふくしまプライド。食材博」開催 GAP認証取得日本一をアピール

総合 展示会 2018.08.08 11743号 04面
旬の福島産食材を試食でアピール

旬の福島産食材を試食でアピール

 食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられる認証制度GAP日本一を目指している福島県。このほど東京都内で開催された食品専門バイヤー向け試食会「ふくしまプライド。食材博」開会式で、畠利行福島県副知事は「2017年にGAPチャレンジ宣言を打ち出し、農業団体と一緒にGAP取得に向かっている」と強調。20年の東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会への食材供給を目指し、県を挙げて同認証取得を推進していく考えを示した。  現在日本ではGLOBALGAP、JGAPに加え、各県ご

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら