佐藤食品工業、第2四半期は予想上回り利益回復 包装米飯の好調続く

農産加工 決算 2018.12.21 11811号 12面

 【新潟】佐藤食品工業の19年4月期第2四半期決算は、期初に各段階利益で損失を予想していたが、予想を大きく上回る利益で着地した。製造設備の修繕などの実施時期を下期に変更したことや、売上高増加に伴う売上総利益が増加したため。通期業績は修正せず、売上高は3.7%増の401億円、営業利益23.7%増の10億5000万円、経常利益19.2%増の11億5000万円、純利益13.8%増の7億4000万円を目指す。(山本大介)  上期は、売上高153億3600万円(前年比9.3%増)、営業

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら