八海醸造、麹甘酒に大腸炎の予防効果 日本農芸化学会で初報告

飲料 ニュース 2019.04.22 11867号 02面

 【新潟】八海醸造は、麹甘酒で初めて大腸炎を予防する効果が期待できることを確認した。麹甘酒長期摂取試験による安全性の評価も初めて報告され、継続的飲用で関節痛の緩和効果がある可能性も示された。3月24~27日に開催された日本農芸化学会2019年度大会で発表した。  同社はこれまで、透析患者・健常成人で麹甘酒の継続的な飲用が便通改善に効果があることを報告してきた。今回は、内閣府地方創生推進交付金を得て、新潟薬科大学(新潟市)・新潟県農業総合研究所食品研究センター(加茂市)と共同研

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら