12月全国SC売上高、1.4%増と3ヵ月ぶりのプラス

小売 統計・分析 2019.01.30 11828号 14面

 日本ショッピングセンター協会によると、12月の既存492施設の売上高は1.4%増と3ヵ月ぶりで前年を上回った。土日祝日数が前年より1日多く、3連休となったほか、中旬以降の気温の低下で冬物重衣料の動きが活発化した。  立地別では中心地域が1.6%増、そのうち大都市2.0%増、中都市0.8%増、周辺地域が1.3%増とプラスだった。地域別では中国、四国を除いて前年を上回った。  核店舗の業態別の売上高伸長率は食品スーパーが0.1%増、総合スーパーは0.2%の微減だった。

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら