全漬連、名古屋で評議委員会開催 「発酵漬物」の認定マークを内定

 【中部】全日本漬物協同組合連合会(全漬連)は2月20日、恒例の評議委員会=写真=を名古屋市の名鉄ニューグランドホテルで開催。18都府県から会員企業および全漬連執行部ら約40人が出席した。  評議委員会は、全漬連理事会の諮問機関として運営全般に対して意見具申をする場である。当日は、外国人技能実習制度、漬物製造管理士技能評価試験、発酵漬物認定制度、食品衛生法改正、漬物グランプリ2019などについて意見交換を行った。  冒頭のあいさつで野崎伸一会長(野崎漬物)が「全漬連は本来、会

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら