丸美屋食品工業、19期連続の増収で500億円突破 麻婆と「混ぜ込み」けん引

調味 ニュース 2019.01.18 11821号 01面
阿部豊太郎社長

阿部豊太郎社長

 丸美屋食品工業(阿部豊太郎社長)は前12月期、19年連続で増収し、売上高500億円を初めて超えた。基幹商品のふりかけ、麻婆・中華、釜めしの素が前年比3%増と伸ばした。構成比の大きい麻婆、「混ぜ込みわかめ」が好調でけん引した。今期も安定成長路線を続け、技術革新した商材も育てる。  長年の成長の原動力は主食であり、需要の底堅いコメ周りの商材。ふりかけと麻婆、釜めしの基幹3群は売上げの7割を占め、時代ごとの消費ニーズに合わせた、商品拡充を積み重ねてきた。商品・ブランド力を年々増し

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら