日本ケロッグ、オフィス空間などで働き方支援

菓子 ニュース 2020.02.21 12017号 07面

 日本ケロッグは、多様な働き方を支援するオフィス空間と制度で事業展開を加速させる。すでに導入済みの在宅勤務制度、コアタイムがないフルフレックス制度、副業規定の導入、フリーアドレス制度などを、10日の本社オフィスを麹町に移転を期に、さらに推進する。  新オフィス=写真=は、多様なワーキングスタイルを支援するオフィススペースの設計と働き方の実現に向けて、「Commuication=社員同士の必然的・偶発的コミュニケーションを増やす」「Diversity=場所や時間にとらわれない働

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら