日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

日本公庫山形など、南陽市のワイン醸造所に連携融資

その他 2017.09.15 11590号 03面

 【東北】日本政策金融公庫(日本公庫)山形支店、米沢支店は山形県南陽市のナチュラルワイン醸造・グレープリパブリックに対して山形銀行、南陽市と連携で融資する。

 対象は醸造施設、内部設備、集荷施設で約1億7000万円。「農業経営基盤強化資金」「山形県元気な6次産業化応援プロジェクト事業」などを活用する。

 グレープリパブリックは、東京都内で人気イタリア料理店を運営するジュン・アンド・タンの関連会社で、15年8月設立。ワイン特区に指定されている南陽市で事業を展開し、ナチュラルワイン醸...続きを読む

東北

  • その他

    日本公庫山形など、南陽市のワイン醸造所に連携融資(2017.09.15)

     【東北】日本政策金融公庫(日本公庫)山形支店、米沢支店は山形県南陽市のナチュラルワイン醸造・グレープリパブリックに対して山形銀行、南陽市と連携で融資する。

     対象は醸造施設、内部設備、集荷施設で約1億7000万円。「農業…

  • 農産加工

    ミクロ、「ピリ辛穂先メンマ」好調(2017.09.08)

     【東北】メンマ、山菜加工メーカーのミクロ(天童市)は軟らかな穂先を使った「ピリ辛穂先メンマ」を今春から発売しているが好評だ。ごま油、ラー油、こめ油の風味を生かし、ピリ辛味に仕上げた。程よい辛味とうまみのある味付けが後引く商品。ちくわ…

  • その他

    左から宮本弘理事長、村井嘉浩知事、一力雅彦社長

    みやぎ生協と河北新報社、新生児の誕生祝う 全員に「すくすくばこ」贈る(2017.09.06)

     【東北】みやぎ生協と河北新報社は、新生児の誕生を祝い、記念となるベビーボックス「すくすくばこ」を申込者全員に贈るプロジェクトを立ち上げた。宮城県では毎年1万8000人の出生があり、子育て支援の一助になればと始めた。ボックスは産着や靴…

  • 卸・商社

    ボーキ佐藤、鹿島酒類販売を子会社化(2017.09.04)

     【東北】ボーキ佐藤は8月30日、茨城県鹿嶋市の鹿島酒類販売の発行株式をすべて取得、子会社化したと発表した。1860年創業のボーキ佐藤だが、長い歴史の中でM&A(企業の合併・買収)は数件のみで、85年10月に新潟県上越市の高山酒造店と…

  • 卸・商社

    日本アクセス東北エリア、232社出展で秋季商談会開催(2017.09.04)

     【東北】日本アクセス東北エリアの秋季展示商談会(写真)が8月23日、仙台国際センターで開催された。

     “邂逅、魅知国”がテーマ。出展メーカーは232社、来場者は東北6県から800人。パートや売場担当者が大型バスで見に来る…

  • 飲料

    左からヨークベニマルの芳賀英文食品事業部長、真船幸夫社長とカゴメの寺田直行社長、伊藤宏東北支店長

    カゴメ、東北の2店舗で生トマトサンプリング実施(2017.08.28)

     【東北】カゴメは夏の最もおいしい時期に取れた国産トマトを使用した「カゴメトマトジュースPREMIUM」を数量限定で発売している。例年これを記念するイベントを全国で開催しているが、東北でも生トマトのサンプリングを2ヵ所で行った。

  • 卸・商社

    食べ比べも行われたサバ缶コーナー

    国分東北、秋冬商談会開催 東北のサバ缶など紹介(2017.08.09)

     【東北】国分東北と国分フードクリエイト東北支社は7月26日、夢メッセみやぎで17年秋冬合同展示商談会を開催した。出展メーカー400社、来場者は東北6県から650人。

     注目されたコーナーのうち「健康」では、血管、骨、肌、…

  • 卸・商社

    国分東北、「山海の郷」「山海の季」10周年キャンペーン実施(2017.08.09)

     【東北】国分東北は東北産、国産にこだわった乾物の留め型商品「山海の郷」(19品目)、「山海の季」(24品目)の発売10周年を記念し、消費者キャンペーン(写真)を9月1日から来年1月31日まで実施する。対象は東北6県の両商品を扱う量販…

  • 農産加工

    県など関係者によるテープカット。中央が越田栄秋会長

    JAアオレン、第2工場が竣工 密閉搾りを増強、農産物加工ライン導入(2017.08.04)

     【東北】青森県農村工業農業協同組合連合会(JAアオレン)は、リンゴ搾汁の増強と新たに農産物加工を行う第2製造工場をこのほど完成させ7月28日、竣工式を行った。同社のリンゴ密閉搾りが好調で、既存2ラインに1ラインを増設。リンゴ処理量能…

  • 卸・商社

    菅原正美統括

    東北アクセス会総会開催 収益基盤回復へ 卸売事業739億円見込む(2017.07.31)

     【東北】17年度東北アクセス会総会がこのほど、仙台市の仙台勝山館で開催され196会員、268人が出席した。佐々木淳一社長のあいさつ、亀岡正彦東日本営業部門長の16年度決算報告、17年度経営方針発表に続き、菅原正美東北エリア統括が前年…

  • 小売

    マックスバリュ東北、秋田県豪雨の緊急募金を実施(2017.07.28)

     【東北】マックスバリュ東北は、秋田県で発生した記録的な集中豪雨に伴う被害に対し、緊急支援募金を24日から秋田、青森、山形、岩手4県の全店舗95ヵ所で実施した。秋田県内では大仙市でとりわけ甚大な被害が発生し、救援活動が行われている。<…

  • 調味

    支社長らが一押し商品を訴求

    東北の味の素グループ6社、秋季施策商談会を開催 減塩、減糖などテーマに(2017.07.28)

     【東北】東北の味の素グループ6社は13日、ホテルメトロポリタン仙台で「2017年秋季味の素グループ施策商談会」を開催した。多くの取引先卸、小売業が会場を訪れ、新製品、メニュー提案のブースで説明を受けながら試食していた。

  • 卸・商社

    佐々木淳一社長(中央左)も自慢ののどを披露

    東北アクセス会懇親会 「キンコンカン」ステージに佐々木社長(2017.07.28)

     【東北】東北アクセス会懇親会ですっかり定番となった、出先メーカー支社長らのグループ「キンコンカン」のコーラスタイム。いつごろから始まったのだろうか。堀井壯一郎元副社長がメンバーの中心にいて歌っていたためでもあろう。田中茂治会長も以前…