日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

国分東北、「山海の郷」10周年キャンペーン抽選会

農産加工 2018.02.16 11662号 07面

多数の応募から当選者を選ぶ物井敦社長

 【東北】国分東北が乾物の留め型商品「山海の郷」と「山海の季(とき)」発売10周年を記念して、昨年9月から実施していた消費者キャンペーンが1月31日で終了し、9日同社内で抽選会を行った。

 キャンペーンは、東北6県のリージョナルチェーンや単独店中心に886店舗で展開してきたもので、応募総数は3968通にのぼった。山海の郷19品目、山海の季24品目を購入し、売場に備え付けの応募はがきに記入し応募してもらうと抽選で、総計200人にギフトが当たるというものだった。社内で物井敦社長、長...続きを読む

東北

  • 農産加工

    多数の応募から当選者を選ぶ物井敦社長

    国分東北、「山海の郷」10周年キャンペーン抽選会(2018.02.16)

     【東北】国分東北が乾物の留め型商品「山海の郷」と「山海の季(とき)」発売10周年を記念して、昨年9月から実施していた消費者キャンペーンが1月31日で終了し、9日同社内で抽選会を行った。

     キャンペーンは、東北6県のリージ…

  • 調味

    一押し商品をPRするグループ支社長、支店長

    味の素グループ東北6社、仙台で春季施策商談会開催 ASV理解向上を(2018.02.05)

     【東北】東北地区の味の素グループ6社は1月25日、ホテルメトロポリタン仙台で春季味の素グループ施策商談会を開催した。味の素が掲げるASV(Ajinomoto Shared Value)の理解向上や東北の旬素材、地域メニューで地域密着…

  • 卸・商社

    乾麺商戦へ「だしジュレ」の提案

    国分東北と国分フードクリエイト東北支社、合同商談会を開催(2018.02.05)

     【東北】国分東北、国分フードクリエイト東北支社は1月26日、仙台国際センターで2018春夏合同展示商談会を開催した。展示会テーマは「食のマーケティングカンパニー、地域密着全国卸として、地域の課題解決提案」。出展社は352社(加工食品…

  • 卸・商社

    服部冬樹社長

    服部コーヒーフーズ、HCF会新年会開催 3月決算へ全力で臨む(2018.01.24)

     【東北】服部コーヒーフーズの仕入れ先会・HCF会の新年会が16日、仙台市の仙台勝山館で開催され会員メーカー、商社105社が出席した。今年度新会員としてシマダヤ、春雪さぶーる、日本珈琲貿易3社が承認された。服部冬樹社長は新年のあいさつ…

  • その他

    東北、東京などから約350人が参加

    本紙東北支局主催「新年交礼会」盛況 3層から多数参加(2018.01.12)

     【東北】日本食糧新聞社東北支局が主催する第54回食品業界新年交礼会が5日、仙台市の仙台勝山館で開催された。恒例の新年会に今年は東北各県、東京本社などから165社353人が出席した。小売業、卸売業、商社、メーカーが久闊(きゅうかつ)を…

  • 卸・商社

    ボーキ佐藤、鹿島酒類販売の役員2人専任に(2017.12.25)

     【東北】ボーキ佐藤は8月30日、鹿島酒類販売(茨城県鹿嶋市、小倉俊明社長)を子会社化したが11月30日付でボーキ役員から2人が専任された。常務取締役営業本部長に清水秀樹氏(出向)、取締役に平山裕一氏(非常勤)がそれぞれ就いた。