日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

国分東北、東北KM会総会開催 前期売上げ1000億円突破

卸・商社 2019.04.22 11867号 02面

 【東北】国分東北の仕入れ先会・東北KM会=写真=が10日、仙台勝山館で開催され、食品、酒類メーカー162社、254人が出席した。

 同会の高瀬将人会長(味の素東北支社長)は「新元号令和が発表され、込められた理想を胸に踏み出したい。国分東北は4年連続増収増益、売上げは1000億円を突破した。東北は日本の構造的課題が先行する。走りながら考えるといった柔軟なかじ取りが必要」とした。國分晃国分グループ本社社長が今年度のグループ経営方針を説明した。

 また石橋逸平国分東北社長が東北エリア...続きを読む

東北

  • 卸・商社

    国分東北、東北KM会総会開催 前期売上げ1000億円突破(2019.04.22)

     【東北】国分東北の仕入れ先会・東北KM会=写真=が10日、仙台勝山館で開催され、食品、酒類メーカー162社、254人が出席した。

     同会の高瀬将人会長(味の素東北支社長)は「新元号令和が発表され、込められた理想を胸に踏み…

  • 小売

    「全力でぶつかる」と誓いの言葉を述べる入協職員代表

    みやぎ生協・コープふくしまが入協式 新入71人の門出祝う(2019.04.05)

     【東北】みやぎ生協、コープふくしまの入協式が1日、みやぎ生協文化会館で行われ、今年度の新入71人が出席、生協幹部職員が門出を祝った。大越健治専務理事が「福島の生協と組織合同、新元号の年という記念の年に入協された。まずは一般企業と生協…

  • 小売

    ヤマザワ、新役員人事 山澤進会長が退任(2019.04.01)

     【東北】ヤマザワは3月25日開催の取締役会で以下の役員の異動を決めた。創業者で先に代表権を解かれた山澤進取締役会長と取締役人事教育部長森谷亮一氏は退任する。

     ▽代表取締役社長営業本部長古山利昭▽専務取締役営業本部副本部…

  • 卸・商社

    ボーキ佐藤、18年12月期は増収増益 利益改善進む(2019.04.01)

     【東北】ボーキ佐藤の18年12月期決算は増収増益となり、とりわけ営業利益、経常利益は大幅に伸び、利益改善が進んだ結果が表れた。

     ▽売上げ=1103億2000万円(前年比0.8%増)▽売上総利益=82億7600万円(同4…

  • 調味

    東北代表に選ばれたキッチンポテ

    カゴメ、オムライススタジアム東北大会開く 相馬市「キッチンポテ」が代表(2019.03.22)

     【東北】「カゴメオムライススタジアム2019東北大会」が14日、仙台市内で開催され、審査の結果、福島県相馬市のキッチンポテが選ばれた。5月に開催される全国大会に出場し優勝を争う。

     東北大会には同店のほか、森の芽ぶきたま…

  • 小売

    「産業、生業再生はまだ」と話す宮本弘理事長

    みやぎ生協、「東日本大震災を忘れないつどい」を開催(2019.03.15)

     【東北】みやぎ生協は今年も11日、「東日本大震災を忘れないつどい」を仙台市泉区の文化会館ウィズで開催、幹部職員ら200人が参加した。来賓として日本生協連・本田英一会長、コープこうべ・木田克也組合長理事が今年も参加した。黙とうの後、宮…

  • 飲料

    コシノジュンコさんや4窯の窯元が参加し、今年も絵付け体験や工場見学会が行われた

    味の素AGF、“元気な東北”さらに強化 「ブレンディ」器の絆 未来へつなぐ応援キャンペーン実施(2019.03.15)

     【東北】味の素AGFは、東日本大震災で被災した東北3県(青森、宮城、福島)の窯元の復興を応援する「『ブレンディ』器の絆プロジェクト」を2012年3月に立ち上げ、今年8年目になる。今年も“未来へつなごう! 「ブレンディ」東北 器の絆ご…

  • 小麦加工

    復興支援第9弾の新華園本店釜石ラーメン

    明星食品、東北復興支援第9弾 「新華園本店 釜石ラーメン」発売(2019.03.13)

     【東北】明星食品が2011年から毎年取り組んでいる、東北復興支援商品の第9弾となるカップ麺「新華園本店 釜石ラーメン」が4日から全国発売されている。岩手県釜石市で1951(昭和26)年に創業した老舗で、スープになじむ細縮れ麺と琥珀(…

  • 小売

    ヨークベニマル、激戦地に「仙台中山店」オープン(2019.03.13)

     【東北】ヨークベニマルは8日、仙台市青葉区に仙台中山店=写真=をオープンした。6年間営業し昨年9月閉店したヤマザワを引き受け改装した店舗。イオン、ウジエスーパー、みやぎ生協に加えヨークベニマルの南中山店、新荒巻店といった自社競合店も…

  • 農産加工

    量産でき日持ちする生とうふ

    太子食品工業、日持ちする「一丁寄せ 生とうふ」発売 広域流通を可能に(2019.03.13)

     【東北】太子食品工業(青森県三戸町)は生の豆腐の風味を保ったままで日持ちさせ、広域流通を可能にする「一丁寄せ 生とうふ」を1日発売した。

     1992年から発売しており、昨年11月で累計販売8億個にのぼる既存商品「一丁寄せ…

  • 小麦加工

    FD白石温麺

    白石興産、2分でできるFD白石温麺が好評 おむすびころりん本舗とコラボ(2019.03.13)

     【東北】ヨシムラ・フード・ホールディングス(YFH)の白石興産(宮城県白石市)は9cmの短い麺で知られる白石温麺をフリーズドライ(FD)にし、お湯を注げばすぐ食べられる商品を昨年12月発売、土産物などで好評だ。

     製造は…

  • 農産加工

    増える東北の新規就農者数 東北農政局発表(2019.03.13)

     【東北】東北農政局は2017年度の東北6県新規就農者数をまとめ6日発表した。それによると、近年の農業への関心の高まりを反映し、17年度も1450人(前年比2.9%増)増えた。

     就農区分別にみると「雇用就農」が最も多く、…

  • 飲料

    ひと:ポッカサッポロフード&ビバレッジ営業本部東北支社・荒木康生支社長(2019.03.13)

     ●東北の力に「伊達おいしい麦茶」発売 9月仙台工場稼働

     【東北】東日本大震災から9年目を迎えた。ポッカサッポロフード&ビバレッジ営業本部東北支社の荒木康生支社長は、震災翌年の2012年4月に盛岡営業所へ所長として赴任し…

  • 農産加工

    笑顔で弘前リンゴをPRしたりんご娘

    弘前リンゴを青森りんご娘がPR 今年もみやぎ生協で(2019.03.13)

     【東北】青森県のご当地アイドル「りんご娘」が、今年も2月23日、みやぎ生協セラビ幸町店を訪れ自慢の歌とダンスのライブで弘前リンゴをPRした。今年で7回目となったリンゴPRキャラバンは昨年10月愛知県豊田市からスタート、全国11ヵ所で…

  • 卸・商社

    日本外食流通サービス協会、新会長に滝口良靖氏(2019.03.08)

     【東北】日本外食流通サービス協会は2月28日開催の理事会で新役員人事を決定した。

     ▽会長=滝口良靖(サトー商会社長)

     ▽副会長=古川裕志(大槻食材社長)、中村一朗(中村角社長)

     ▽専務理事=…

  • 小麦加工

    福島県清鶴会、創立60周年式典開く 県ナンバーワンの乾麺に(2019.03.06)

     【東北】日清製粉の小麦粉を原料に統一ブランドの乾麺「清鶴麺」を製造する福島県清鶴会の創立60周年記念式典が2月22日、郡山ビューアネックスで開催され、組合員や賛助会員が出席した。同会は1959年、日清製粉とボーキ佐藤が呼び掛け、福島…

  • 卸・商社

    本田誠専務

    仙水グループ、業務用生鮮提案会開く フルラインの品揃え(2019.02.27)

     【東北】仙台水産とグループ仲卸が主催し、青果、精肉卸の共催による業務用得意先向け「フレッシュ食の祭典・2019」~素材の力・市場の力・匠の力~が20日、仙台卸商センター・サンフェスタで開催された。春夏商材、宮城の地産地消商材、人手不…

  • 飲料

    村井嘉浩知事(左)を表敬訪問した岩田義浩社長(左から2人目)ら

    ポッカサッポロフード&ビバレッジ、宮城県産大麦100%使用の麦茶発売(2019.02.27)

     【東北】ポッカサッポロフード&ビバレッジは、宮城県産六条大麦を100%使用した「伊達おいしい麦茶」を25日から新発売した。

     今春から同社は、日本各地の希少な素材を使用した無糖茶シリーズを、「TOCHIとCRAFT」を掲…

  • 小麦加工

    左から野田武則市長、西条優度店主、松川賢一氏、真田育則支店長

    明星食品、「新華園本店 釜石ラーメン」再発売 東北復興支援(2019.02.25)

     【東北】明星食品は岩手県釜石市にある新華園本店釜石ラーメンのどんぶり型カップ麺「明星 新華園本店 釜石ラーメン」=内容量88g、小売価格218円(税別)を3月4日全国発売する。東北復興支援商品として2015年2月に発売され、再発売の…

  • 小売

    ヤマザワ、山澤進会長を解任(2019.02.22)

     【東北】山形、宮城両県に出店するスーパーのヤマザワは20日開いた取締役会で、創業者の山澤進会長(89歳)の代表取締役を解任した。取締役会には山澤氏も出席、高齢によって代表取締役の職務遂行が困難な状況にあるため、とされた。これで代表権…