日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

国分東北、キッチンスタジオ開設 初使用はニチレイフーズ

卸・商社 2017.11.22 11622号 09面

ニチレイフーズの丸鶏解体がスタジオ使用第1号となった

 【東北】国分東北が開設を急いでいた「国分キッチンスタジオ東北」がこのほどオープンした。13日にスタジオ使用第1号となるプレゼンテーションが行われた。場所は国分東北近くの仙台MTビル1階。広さは約100平方m。プレゼンルームと冷蔵庫、調理器具、フライヤーなどを備え、試食会、会議も行える。

 プレゼンテーションは国分東北、フードクリエイトの社員20人が集まり、ニチレイフーズによるチキン解体調理勉強会。国分東北の石橋逸平専務執行役員が「東北にもキッチンスタジオがようやくできた。フー...続きを読む

東北

  • 卸・商社

    ニチレイフーズの丸鶏解体がスタジオ使用第1号となった

    国分東北、キッチンスタジオ開設 初使用はニチレイフーズ(2017.11.22)

     【東北】国分東北が開設を急いでいた「国分キッチンスタジオ東北」がこのほどオープンした。13日にスタジオ使用第1号となるプレゼンテーションが行われた。場所は国分東北近くの仙台MTビル1階。広さは約100平方m。プレゼンルームと冷蔵庫、…

  • 卸・商社

    日食協東北支部、研修会開催 ジャパン・インフォレックス西田社長が講演(2017.11.17)

     【東北】日本加工食品卸協会(日食協)東北支部の経営実務研修会(写真)が9日、仙台市のホテルモントレ仙台で開催された。佐藤淳東北支部長(ボーキ佐藤社長)が「前回流通業界の近況報告がなされたが、東北では業務提携の発表もあり、何が起きるか…

  • 小売

    マックスバリュ東北、おにぎりセットが予想超える成果(2017.11.10)

     【東北】マックスバリュ東北は青森、秋田、岩手、山形4県を代表する新米おにぎりのセット=写真=を10月24日から30日までの期間限定で販売した。

     青森が「青天の霹靂(へきれき)」、秋田が「あきたこまち」、岩手が「銀河のし…

  • 卸・商社

    中村通孝社長

    中村商会、前期売上げ4%増 得意先占有率高まる(2017.10.25)

     【東北】業務用食材卸の中村商会(岩手県北上市)は、外食フーズフェアを11日に北上総合体育館で、12日に秋田県横手市の秋田ふるさと村で開催した。得意先からは小回りが利く卸、身近な相談役とし商圏内に多い和・洋・中の個店からの評価が高い。…

  • 味噌・醤油

    専用種麹による各社の「互醤丸」

    県味噌醤油組合と工業技術センター、岩手の醤油「互醤丸」開発(2017.10.25)

     【東北】岩手県の新しい醤油が開発され、県内でまもなく発売される。県味噌醤油組合と工業技術センターが、醤油専用のオリジナル種麹「南部もやし」を使用し、2014年から試験醸造を進め出来上がった。組合加盟者が、自社醤油をブレンドして商品化…

  • 小売

    みやぎ生協、「ファミマ+COOP鶴ケ谷店」12月中旬オープン(2017.10.25)

     【東北】みやぎ生協は、過疎地に加え仙台市内でも高齢化が進むエリアへ、ファミリーマートと小型店で買い物の便宜を図ろうと取り組んでいる。4月に人口1500人の宮城県七ヶ宿町に「ファミリーマート+COOP七ヶ宿店」をオープンし、地域住民に…

  • 卸・商社

    フード&ドリンクを強調した展示会(山形会場)

    服部コーヒーフーズ、HCF会開催 上期売上げ伸びず 多くの提案で巻き返し図る(2017.10.23)

     【東北】服部コーヒーフーズのHCF会が18日、仙台国際ホテルで開催され、メーカー、商社など会員社104社が出席した。

     服部冬樹社長は上期業績に触れ、「外食業界の厳しい状況があって売上げは前期並み。展示会の成功事例を取り…

  • 卸・商社

    丸大冷蔵、福島冷販センターを子会社化(2017.10.18)

     【東北】丸大冷蔵は11月1日、福島冷販センター(郡山市)の業務を引き継ぎ子会社化する。市販用、業務用の冷食、日配食品、調味料などを扱い、得意先はSM、ホテル、旅館、業務店。年商は23億円。会津若松市に営業所がある。役員体制は次の通り…

  • 飲料

    山形県果実の普及に力を入れる2社。伊藤宏カゴメ東北支店長(右)と高橋徹山形食品常務

    カゴメ、「野菜生活」に山形県産果実の新味2品(2017.10.18)

     【東北】カゴメは、山形県産・庄内柿を使用した「野菜生活100庄内柿ミックス」を関東以北エリア限定で10日から発売した。また同県産ラ・フランスの「同追熟ラ・フランスミックス」を12月5日から全国発売する。

     2品とも195…

  • 小売

    問題解決の一助にとランチミーティング

    マックスバリュ東北、新庄市でランチミーティング開く 食べながら問題共有(2017.10.18)

     【東北】さまざまな職場で行われているランチミーティング。マックスバリュ(MV)東北でも昨年から開いている。12日には山形北エリアのパートタイマーを対象に、新庄市の生涯学習センター・わくわく新庄で行われ、エリア店舗のレジや品出しなどパ…

  • 水産加工

    幅広い商品が並び、年々人気が高まる提案会

    仙台水産グループ、生鮮合同で提案会「フレッシュ食の祭典」 関東量販店も来場(2017.10.04)

     【東北】仙台水産とグループ企業25社による第33回生鮮合同提案会「フレッシュ食の祭典」が9月27日、仙台卸商センター・サンフェスタで開催され、終日来場者でにぎわった。テーマは“さかなで健康~食の楽しさ、豊かさを提案します~”。出展社…

  • 小売

    大高善興会長

    ヨークベニマル・大高会長語る SMの環境変化に対応 新店、リニューアル進む(2017.10.04)

     【東北】福島県会津若松市内にヨークベニマル城西町店が9月22日オープンした。同市内では7店舗目、6年ぶりの出店。店舗数はこれで、福島75店、宮城56店、山形19店、栃木29店、茨城36店、合計215店になった。同店でヨークベニマル(…

  • 小売

    藤井淑生専務

    「東北シジシーアソシエイツ会」開催 CGC藤井専務「東北は重要エリア」(2017.10.04)

     【東北】8月に仙台市で開催された第4回東北シジシーアソシエイツ会で、シジシージャパンの藤井淑生専務が、今期の活動報告について語り、「東北地区が全国の中でも実績を伸ばし、重要エリアに間違いない」と強調した。

     藤井専務は「…

  • 小麦加工

    「糖質30offそば」(右)と「同うどん」

    白石興産、「Noodles」低糖質麺2品投入(2017.10.04)

     【東北】乾麺、製粉の白石興産は、“おいしく食べて健康に!”を掲げる「Noodles」シリーズ第2弾として、「糖質30%offそば」「同うどん」を8月21日新発売した。30%は日本食品標準成分表の「干しそば」「干しうどん」との比較で、…

  • 小売

    稼働した多賀城べジタブルセンター

    コープ東北、多賀城ベジタブルセンター稼働 カット野菜工場併設も(2017.10.04)

     ●年間出荷額45億円目指す

     【東北】コープ東北多賀城ベジタブルセンターが完成し、9月24日から本稼働している。宮城県多賀城市津波復興拠点整備事業の復興団地内に建設、敷地面積1万4982平方m、延べ床面積6702平方m。…

  • 小売

    本社機能充実へ中央棟建設

    ヤマザワ上期、村山駅西店を出店 本社中央棟も完成(2017.10.04)

     【東北】ヤマザワの17年上期の出店、リニューアル、他設備投資などは次の通り。

     ▽生鮮センターの増築(3月1日稼働)、既存約5078平方mに増築3900平方m。従来外部にあった冷凍商品を社内保管、精肉、鮮魚の品質向上

  • 調味

    ひと:キユーピー仙台支店・飯村厚支店長 東北の健康に貢献(2017.10.04)

     ◆お客さまに近いところで仕事が信条

     【東北】キユーピー仙台支店の飯村厚支店長は、大学卒業後、1985年4月入社、札幌支店での試用期間後、10月に郡山営業所に配属された。88年からは5年間大阪支店、さらに5年間松本営業所…

  • 小売

    マックスバリュ東北、上期業績予想を下方修正へ(2017.10.02)

     【東北】マックスバリュ東北は22日、2018年2月期第2四半期業績予想について前回発表を次のように修正した。

     営業収益539億円で19億円減、営業利益6億3000万円で2億3000万円減、経常利益6億4000万円で2億…

  • 農産加工

    積み込んだ梨の前、関係者が出発を祝った

    宮城蔵王産梨、ベトナム向けに輸出 出発式開く(2017.10.02)

     【東北】宮城蔵王産梨のベトナム向け輸出が決まり、出発式が9月25日、JAみやぎ仙南蔵王梨選果場で行われた。ベトナムのイオンなど約60店舗で販売される。式ではみやぎ仙南農協の浅野清組合長、蔵王町の村上英人町長、家坂有朋イオン東北代表ら…