日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

マルイチ産商、10年後4000億円超を 「日本のマルイチ」目指す

卸・商社 2017.10.18 11606号 02面

藤沢政俊社長

 【長野】マルイチ産商は11日、軽井沢町のホテルに取引先182社を招き、懇談会「春秋会」を開いた。藤沢政俊社長は今期スタートの中期経営計画「変革2019」について、「『日本の中のマルイチを目指す』という創業以来の夢を込めた」と説明。「目標の19年度には売上高2600億円以上の大台へ、10年後には全国トップクラスの売上高4000億円以上を目指したい」と抱負を述べた。

 中計で目指すビジョンについて藤沢社長は、「『メーカー型卸』『フルライン卸』といった価値ある食品流通機能の創造に向...続きを読む

関東