日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

長野興農、親子なめ茸ツアー開催 アレンジ料理に挑戦

農産加工 2017.08.21 11577号 03面

親子でなめ茸のアレンジ料理に挑戦した「親子工場見学ツアー」

 【長野】長野興農は9日、恒例の夏休み企画「なめ茸をめぐる親子工場見学ツアー」を長野市などで開いた。

 県内の小学生親子、8組16人が参加した。原料エノキ茸の生産現場や同社のなめ茸工場を見学したほかに、なめ茸を具材や調味料に活用したランチづくりに挑戦した。

 今回のメニューは、「うめ入りなめ茸シュウマイ」「ゆず入りなめ茸の春巻き」「なめ茸タンタンつけめん」など4品。なめ茸の味やとろみを生かしたレシピは、簡単な手順で仕上がるとあって、子どもたちは熱心な様子で調理に取り組んでいた。

 ...続きを読む

関東

  • 農産加工

    親子でなめ茸のアレンジ料理に挑戦した「親子工場見学ツアー」

    長野興農、親子なめ茸ツアー開催 アレンジ料理に挑戦(2017.08.21)

     【長野】長野興農は9日、恒例の夏休み企画「なめ茸をめぐる親子工場見学ツアー」を長野市などで開いた。

     県内の小学生親子、8組16人が参加した。原料エノキ茸の生産現場や同社のなめ茸工場を見学したほかに、なめ茸を具材や調味料…

  • その他

    浜このみ著『いちどで覚えるフライパンレシピ』信濃毎日新聞社刊(2017.08.21)

     【長野】長野市のクッキングコーディネーター、浜このみさんが、レシピ集「いちどで覚えるフライパンレシピ」(信濃毎日新聞社=写真)を出版した。

     「レシピを覚えることが、最速のクッキング。フライパンだけでできる100の“いち…

  • 卸・商社

    マルイチ産商、第1四半期は増収も収益足踏み 生鮮の仕入値高響く(2017.08.18)

     【長野】マルイチ産商の2018年3月期第1四半期業績(連結)は、売上高が531億2500万円(前年比14.1%増)と伸びたものの、収益はほぼ計画通りながら生鮮品の仕入れ値上昇などが響き、営業利益2億7200万円(22.2%減)、経常…

  • 農産加工

    凍結乾燥食品特集:長野地区動向=市販用NBに力強さ増す(2017.08.18)

     【長野】味噌や農産加工品など、地域の主要な食品製造業が事業拡大や高度化を図る過程で発展を遂げた、長野県のFD・AD食品製造業。最終製品の市場活性化で、各社とも基軸の受託事業をはじめ、最終製品の市販用NB展開も力強さを増している。

  • 味噌・醤油

    竹屋の「みそプラザ」盛況 味噌詰め放題に行列(2017.08.14)

     【長野】「タケヤみそ」を展開する竹屋は5、6の両日、諏訪市の本社で恒例の夏祭りイベント「みそプラザ2017」(写真)を開いた。2日間で、地元市民や観光客ら約3000人が来場。人気の「味噌詰め放題」や豚汁の無料サービス、調理味噌などイ…

  • 農産加工

    トマト倶楽部(右端=井垣孝夫ナガノトマト社長、左端=佐々木泰平ユニオンソース社長)

    トマト倶楽部、トマト生産者に支援金など贈る(2017.08.14)

     【長野】ナガノトマトとユニオンソース、東都生活協同組合でつくる「トマト倶楽部」は3日、松本市のジュース用トマト圃(ほ)場で、トマト生産者に支援金約69万円と収穫用のかご1400個を贈った。県産加工用トマトの振興に向けた生産者支援の取…

  • 小売

    イオンモール松本の外観(イメージ)

    県内最大級モール「イオンモール松本」9月21日オープン 市街地型の回遊拠点目指す(2017.08.07)

     【長野】イオンモールは7月28日、松本市内のホテルで9月21日に開業する県内最大級の商業施設「イオンモール松本」の説明会を開いた。

     県内初出店の総合スーパー(GMS)「イオンスタイル松本」を核店舗に、約170の専門店、…

  • 味噌・醤油

    ひかり味噌、「無添加円熟こうじみそ」に大容量追加(2017.08.07)

     【長野】ひかり味噌は1日、主力商品「無添加円熟こうじみそ」の大容量タイプ、1.2kgカップ(参考小売価格税別750円)=写真=を追加発売した。味噌の使用頻度が大都市圏より高い地域市場などを意識した商品で、「ライフスタイルや市場環境を…

  • 卸・商社

    マルイチ産商、丸水長野県水の食品事業統合(2017.08.02)

     【長野】マルイチ産商は7月28日の取締役会で、4月に子会社化した丸水長野県水の食品事業を譲り受け、10月1日付で両社の食品事業部を統合することを決めた。

     譲り受ける事業は加工食品の卸売りなどで、売上高は30億1000万…

  • 卸・商社

    三野吉永社長

    ナガレイ、取引先懇談会を開催 商品戦略など強化(2017.07.28)

     【長野】マルイチ産商グループで長野県内の業務用卸最大手、ナガレイはこのほど、群馬県草津町のホテルに取引先を招き、懇談会「共栄会」を開いた。三野吉永社長は、「信頼と価値ある業務用卸機能の確立に向けて、変化に挑戦し、新たなナガレイの創造…

  • 味噌・醤油

    甘酒や大豆粉など多彩に展開するマルコメの秋冬商戦

    マルコメ、17年秋冬新商品発表会を開催 「発酵健美」テーマに展開(2017.07.19)

     【長野】マルコメは10日、東京都内のホテルで8月下旬に発売する秋冬新商品の発表会を開いた。

     「発酵健美」をテーマに、甘酒などの好調が続く「プラス糀」や大豆肉・粉の「ダイズラボ」、減塩味噌やメニュー用調味料などを展開する…

  • 味噌・醤油

    調理実演を交えてコラボ商品を紹介 するミランダ・カー

    マルコメ、ミランダ―・カー監修「オーガニックみそパウダー」を発売(2017.07.14)

     【長野】マルコメは、同社の発酵食アンバサダーを務めるモデルのミランダ・カーが監修した粉末タイプのだし入り味噌「オーガニックみそパウダー」を、8月下旬に発売する。10日に東京都内で開いた発表会にはミランダが登場。調理実演などを交えなが…

  • 農産加工

    加工ごま特集:主要メーカー動向=豊年屋 堅調続く国産・県産ごま(2017.07.05)

     【長野】豊年屋は、「香り高い味と安全・安心性への評価」(高橋卓哉社長)で、国産・長野県産ごまは堅調が続くが、業務用カテゴリーに一服感もある中、今期は、大手百貨店グループなど、新規のチャネル開拓が進む国産・県産原料系いりごま、すりごま…