日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

カンロ、松本工場にグミ棟新設 製造能力・最大2倍

菓子 2019.02.22 11839号 06面

グミの製造態勢を強化したカンロの三須和泰社長(左)と花村正門・松本工場長

 【長野】カンロは松本市の松本工場にグミ棟を新設、18日から本格稼働を始めた。グミ製造を専用の朝日工場(朝日村)と合わせて2ラインに増強したことで、「さらに拡大が期待できるカテゴリー市場で主力ブランドの育成、新ブランド開発を加速させ、グミを成長のけん引車にしていく」(三須和泰社長)構えだ。

 主力アイテム「ピュレグミ」シリーズなどを手掛けるグミ棟は2階建てで、敷地面積2778平方m、延床面積は3915平方m。朝日工場と同等の生産能力を備え、1日8時間稼働で最大500ケース・3万...続きを読む

関東

  • 菓子

    グミの製造態勢を強化したカンロの三須和泰社長(左)と花村正門・松本工場長

    カンロ、松本工場にグミ棟新設 製造能力・最大2倍(2019.02.22)

     【長野】カンロは松本市の松本工場にグミ棟を新設、18日から本格稼働を始めた。グミ製造を専用の朝日工場(朝日村)と合わせて2ラインに増強したことで、「さらに拡大が期待できるカテゴリー市場で主力ブランドの育成、新ブランド開発を加速させ、…

  • 水産加工

    茅野市で「寒天の日」イベント、ところてんのサービスなどで大盛況だった

    寒さの恵み味わう「寒天の日」 茅野市で記念イベント(2019.02.20)

     【長野】「寒天の日」の16日、長野県寒天水産加工業協同組合と茅野商工会議所は、JR茅野駅前で恒例の記念イベントを開いた。角寒天に凍結乾燥させる前の「生天」を突いたところてんや、寒天を具材にした豚汁の無料サービスに、午前10時の開始前…

  • 卸・商社

    マルイチ産商、第3四半期は増収減益 コスト高響く(2019.02.18)

     【長野】マルイチ産商の2019年3月期第3四半期決算(連結)は、売上高が1746億5000万円と前年同期より2.8%伸びたものの、営業利益は18億500万円で7.8%減、経常利益は22億6000万円で6.5%減と、減益となった。仕入…

  • 味噌・醤油

    マルコメ「おみそしるのうた」

    マルコメ、「おみそしるのうた」に包装デザイン賞(2019.02.13)

     【長野】マルコメの即席味噌汁「おみそしるのうた」が、アジア圏の優れたパッケージデザインに贈られる「トップアワードアジア」の食料部門で、1月のクリエイティビティ賞を受賞した。

     同賞は、毎月異なるテーマに沿って「飲料」「食…

  • 味噌・醤油

    息を弾ませ「味噌踏み」を行う林善博社長(中央)

    ひかり味噌、飯島町で伝統の「寒仕込み」 寒波しのぐ熱気(2019.02.01)

     【長野】ひかり味噌は1月26日、伝統の「寒仕込み」を飯島グリーン工場(飯島町)で行った。寒暁から発酵を均一に促す「味噌踏み」を社員約50人が交代で行うと、工場内は寒波をしのぐ熱気に包まれた。

     「寒仕込み」は一年で最も寒…

  • 水産加工

    伊那食品工業、塚越英弘副社長が新社長に内定(2019.01.23)

     【長野】伊那食品工業の新しい代表取締役社長に、塚越英弘代表取締役副社長の就任が内定した。2月27日の株主総会後に開く取締役会で、正式決定する予定。

     井上修代表取締役社長は代表取締役会長に、塚越寛取締役会長は最高顧問に、…

  • 農産加工

    「HARKIS野菜のそぼろ」を紹介する林善博ひかり味噌社長(左)とインカリーサ・ハカラフィンランド大使館副商務官

    ひかり味噌、「ハーキス 野菜のそぼろ」3月展開 グローバル視点で顧客満足追求(2019.01.23)

     【長野】ひかり味噌は、そら豆を主原料にしたフィンランドの植物性ミート、「HARKIS(ハーキス)」を3月下旬から日本で輸入展開し、「野菜のそぼろ」シリーズ3品を発売する。林善博社長は、「ひかり味噌のブランドコンセプトに合致した、サス…

  • 卸・商社

    マルイチ産商、体制・販売エリア再編で施策推進へ(2019.01.18)

     【長野】マルイチ産商は営業強化などを目指し、16日付で組織変更を行った。営業部門統括に「グループ経営」「市場政策」「ロジスティクス」の3担当補佐を設置。基幹の水産事業では、商品、販売の両施策で推進強化を図るため、体制と販売エリアを再…

  • 卸・商社

    長野県食品問屋連盟、賀詞交歓会を開催 変化に遅れず使命を(2019.01.16)

     【長野】長野県食品問屋連盟は9日、長野市のホテルで新年の賀詞交歓会を開いた(写真)。小林徳幸会長(マルイチ産商取締役執行役員食品事業部長)はあいさつで、「環境変化のスピードに遅れることなく、使命である食の安心・安全を守りながら、県の…

  • その他

    全国発酵食品サミット in NAGANO

    長野県、「発酵・長寿県」を宣言 発酵食品産業を振興(2019.01.14)

     【長野】全国トップレベルの「健康長寿」で知られる長野県は昨年11月、全国で初めて「発酵・長寿県」を宣言した。県の出荷量が全国の約半分を占める味噌をはじめ日本酒、ワイン、甘酒、漬物など、県内各地で伝統的、または新たに作られ、食生活に溶…