日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

マルイチ産商、コスト高響き業績予想を下方修正

卸・商社 2019.04.19 11866号 03面

 【長野】マルイチ産商は15日の取締役会で、2019年3月期の通期連結業績予想を下方修正した。売上高は前期を上回る見通しだが、水産物などの相場高による仕入れ価格上昇を販売価格に転嫁しきれなかったことから減益となる見込み。

 当初予想からの修正は、売上高が2280億円から2256億4000万円(1%減)、営業利益が22億円から17億7000万円(19.5%減)、経常利益が27億5000万円から23億4000万円(14.9%減)。

 18年3月期実績は、売上高が2190億4500万円...続きを読む

関東

  • 卸・商社

    マルイチ産商、コスト高響き業績予想を下方修正(2019.04.19)

     【長野】マルイチ産商は15日の取締役会で、2019年3月期の通期連結業績予想を下方修正した。売上高は前期を上回る見通しだが、水産物などの相場高による仕入れ価格上昇を販売価格に転嫁しきれなかったことから減益となる見込み。

  • 小麦加工

    柄木田製粉など4社共同で「信州の食パン」発売 地産地消を推進(2019.04.19)

     【長野】柄木田製粉とデリクックちくま、JA全農長野、長野県A・コープは、長野県産小麦を100%使用した「信州の食パン」=写真=を11日、発売した。「長野県の生産者・企業による、長野県の消費者のための食パン作り」をテーマに4社が共同で…

  • 味噌・醤油

    ひかり味噌、「円熟こうじみそ」が医師の確認済み商品に(2019.04.17)

     【長野】ひかり味噌が展開する味噌・味噌加工品の主力「円熟こうじみそ」シリーズが、医師が評価する「AskDoctors医師の確認済み商品」に認定された(写真)。即席味噌汁は対象外。

     「同確認済み商品」は、医師ら約27万人…

  • 味噌・醤油

    ひかり味噌、みそ汁サーバー刷新 機能・デザインが洗練(2019.04.15)

     【長野】ひかり味噌は、機能とデザインを一新した業務用「新型みそ汁サーバー」(写真)を発売した。高性能ポンプと高解像度流量センサーによる素早く的確な抽出で、調理作業の効率化と廃棄ロスの軽減を訴求。「和洋、さまざまな内装にマッチするスタ…

  • 味噌・醤油

    「無添加生みそ(白)」

    マルマン、無添加生みそ購入で500人に書籍当たる(2019.04.12)

     【長野】味噌、味噌加工品など製造販売のマルマンは同社「無添加生みそ」(赤・白、各750.500g)の購入者に、書籍「医者が考案した『長生きみそ汁』」(小林弘幸著、アスコム)などが抽選で当たるキャンペーンを、9月末まで行っている。

  • 農産加工

    マルコメ、「大豆のお肉」を自主回収(2019.04.03)

     【長野】マルコメは、大豆肉製品「ダイズラボ大豆のお肉」シリーズ30アイテムについて、本来は含まれないアレルギー物質の小麦成分が混入している可能性があるとして、自主回収を行う。出荷数量は約173万個(家庭用・業務用)で、これまでに健康…

  • 調味

    「春の糀メニューフェア」で販売する「糀たっぷりみそおに定食」(小布施PA上り)

    マルコメ、糀メニューフェア開催 4~5月高速道SA・PAで(2019.04.01)

     【長野】「ようこそ、発酵エリアへ」--。マルコメは「塩糀」「しょうゆ糀」「糀甘酒」など、同社の麹関連商品を使った「春の糀メニューフェア」を、上信越自動車道と長野自動車道のサービスエリア(SA)、パーキングエリア(PA)12ヵ所で、1…

  • 飲料

    新NB「Grin a Grin」ロゴ

    長野興農、新NB「Grin a Grin」スタート 農・製の価値循環目指す(2019.03.29)

     【長野】長野興農は自社ブランド「Grin a Grin(グリンアグリン)」を新たに立ち上げ、4月1日に「信州まるごとりんごジュース」を発売する。同社の強みである地元・長野県産、国産といった原料の訴求がコンセプト。製品だけでなく素材と…

  • 飲料

    長野興農が立ち上げる新ブランド「Grin a Grin」の第1弾「信州まるごとりんごジュース」

    野菜・果実飲料特集:長野地区動向=産地メーカー再興へ 地産原料・高まる訴求力(2019.03.29)

     【長野】リンゴやトマト、桃など、豊富な野菜・果実原料と水資源に恵まれた長野県。それらを生かした飲料製造は地域の食品製造業をけん引する基幹産業の一つだが、地場から全国に展開を広げる中で、事業構造を大きく変えている。

     業容…

  • 乳肉・油脂

    信州ハム、「グリーンマーク」6品リニューアル(2019.03.20)

     【長野】信州ハムは、ハム・ソーセージの主力「グリーンマーク」シリーズの6品を、4月1日にリニューアル発売する。肉の配合見直しや厚みを増したカットなどで歯切れやジューシーさ、食べ応えの向上を目指した。

     発色剤や着色料、保…

  • 味噌・醤油

    マルコメの子会社で甘酒・米麹を手掛ける「魚沼醸造」が3月に公式オープン。業界最大級の円盤式製麹装置は1周およそ45分、2日で約20tの乾燥米麹を生産する

    全国味噌特集:長野地区動向=中小・独自価値の創出へ(2019.03.18)

     【長野】「信州味噌」の地元、長野県。トップメーカーから老舗蔵まで大小約120が軒を連ね、県全体の出荷量は全国シェアの約50%に及ぶ。全国味噌工業協同組合連合会がまとめた県の18年の味噌実出荷量は20万1293tで、前年から0.9%減…

  • 菓子

    ジャパンフリトレー、「マイクポップコーン料亭の味」を上市(2019.03.13)

     【長野】ジャパンフリトレーは、マルコメが展開する味噌のトップブランド「料亭の味」をフレーバーに採用した「マイクポップコーン料亭の味」(=写真、40g)を11日から、期間限定で全国発売した。カツオと昆布のだし入り味噌による「日本人の味…

  • 卸・商社

    小林徳幸会長

    長野県食品問屋連盟、総会開催 小林徳幸会長を再任(2019.03.06)

     【長野】長野県食品問屋連盟は2月27日、松本市のホテルで開いた第50回定時総会で役員改選を行い、会長に小林徳幸氏(マルイチ産商取締役執行役員食品事業部長)を再任した。任期は2年。小林会長は、「今期は4~5月の『10連休』、値上げに伴…

  • 菓子

    グミの製造態勢を強化したカンロの三須和泰社長(左)と花村正門・松本工場長

    カンロ、松本工場にグミ棟新設 製造能力・最大2倍(2019.02.22)

     【長野】カンロは松本市の松本工場にグミ棟を新設、18日から本格稼働を始めた。グミ製造を専用の朝日工場(朝日村)と合わせて2ラインに増強したことで、「さらに拡大が期待できるカテゴリー市場で主力ブランドの育成、新ブランド開発を加速させ、…