日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

長野県食品問屋連盟、総会開催 新会長に小林氏「課題に知恵出し合う」

卸・商社 2017.03.24 11501号 03面

小林徳幸長野県食品問屋連盟新会長

 【長野】長野県食品問屋連盟は15日、松本市のホテルで第48回定時総会を開いた。新会長にマルイチ産商執行役員・食品事業部長の小林徳幸氏を選出した。小林新会長は「競合の激化、『働き方改革』など、業界を取り巻く難問を解決するキーワードは、知恵を出し合うこと。十分なコミュニケーションを取り、課題に取り組んでいきたい」と抱負を述べた。

 総会には会員、賛助会員合わせて81社・103人が出席。議事では、経営研究や人材育成を促す教育研修事業の充実などを盛り込んだ17年度(1~12月)の事業...続きを読む

関東

  • 卸・商社

    小林徳幸長野県食品問屋連盟新会長

    長野県食品問屋連盟、総会開催 新会長に小林氏「課題に知恵出し合う」(2017.03.24)

     【長野】長野県食品問屋連盟は15日、松本市のホテルで第48回定時総会を開いた。新会長にマルイチ産商執行役員・食品事業部長の小林徳幸氏を選出した。小林新会長は「競合の激化、『働き方改革』など、業界を取り巻く難問を解決するキーワードは、…

  • 農産加工

    長野県で本格生産が始まったもち性大麦の新品種「ホワイトファイバー」

    はくばく、もち麦で健康地域づくりへ 長野県・信州大と連携 県産新品種の需要促進(2017.03.22)

     【長野】はくばくと長野県、信州大学は、もち性大麦を活用した健康地域づくりに取り組む。県内では、県農業試験場が開発したもち性大麦の新品種「ホワイトファイバー」の本格生産が昨年から始まっており、はくばくは、この大麦を使った「国産もち麦」…

  • 農産加工

    佐藤食品工業、第3四半期は米飯事業けん引で増収(2017.03.15)

     【新潟・関東】佐藤食品工業の17年4月期第3四半期連結決算は、包装米飯が前年比8.2%増の129億5300万円と伸び、トータルの売上高が2.6%増の303億9200万円の増収となった。包装もちは最需要期の12月が温暖だったことなどが…

  • 農産加工

    佐藤食品工業、株式無償割り当てを実施(2017.03.15)

     【新潟・関東】佐藤食品工業は10日の取締役会で、株式の無償割り当てを行うことを決めた。「当社保有の自己株式を有効に活用し、株主の皆さまに還元するとともに、株式の流動性を高め投資家層の拡大を図る」狙い。17年4月30日を基準日として、…

  • 菓子

    マルイチ産商、半生菓子の新シリーズ「もてなし美人」4品発売(2017.03.13)

     【長野】マルイチ産商は、飯田市の菓子製造・戸田屋と共同開発した半生菓子の新シリーズ「もてなし美人」を立ち上げ、7日に4商品(写真)を発売した。

     上質さにこだわった一口サイズのアソートタイプで、今後のラインアップ拡充も視…

  • 味噌・醤油

    春夏の新商品を発表する林善博社長(中央)、牧野直子氏(右)ら

    ひかり味噌、「50%減塩みそ」発売 ニーズ拡大に対応(2017.02.22)

     【長野】ひかり味噌は4月1日、同社の味噌製品で最大の減塩率となる「50%減塩みそ」(カップ500g)を発売する。「長寿県・長野の企業として、徹底的にユーザーの健康に貢献できる企業を目指す」(林善博社長)同社。市場トレンドの「減塩」系…

  • 味噌・醤油

    大豆、保存容器、糀、塩がセットになった「国産素材みそ造りセット」

    ひかり味噌、「国産素材みそ造りセット」発売 保存容器付き100セット(2017.02.22)

     【長野】ひかり味噌は、大豆や米麹、塩、保存容器を揃えた「国産素材みそ造りセット」を、22日から100個限定で発売する。

     大豆は、味噌原料として評価の高い北海道産の「トヨハルカ」(1kg)、塩は長崎県崎戸島周辺の海水で作…

  • 卸・商社

    ネオテイク大竹光彦社長

    ネオテイク「大竹会」、総会・新年会開催 ネオテイク・ファーストで新潟の食を安定供給(2017.02.20)

     【新潟・関東】業務用卸ネオテイクの取引先メーカーで構成する大竹会は9日、新潟市内の迎賓館トキワで第29回総会・新年会(写真)を開催した。総会では、善當勝夫会長(J-オイルミルズ取締役専務執行役員)が「糸魚川の火災など想像を超える災害…

  • 農産加工

    きむら食品、新ロゴとシンボルマークを決定(2017.02.17)

     【新潟・関東】きむら食品は5月1日から「うさぎもち」に社名(商号)変更することを受けて、新たなロゴマークとシンボルマークを決めた。新社名には同社が製造する主力ブランド名を採用し、「“うさぎもち”の認知度向上と、もち専業メーカーである…

  • 卸・商社

    マルイチ産商、第3四半期は好調を維持(2017.02.17)

     【長野】マルイチ産商の2017年3月期第3四半期実績(連結)は、売上高1472億3200万円(前年比3.6%増)、営業利益18億3700万円(同7.4%増)、経常利益21億3700万円(同4.4%増)と、上半期からの好調を維持した。…

  • 水産加工

    生天で作ったところてんのサービスなどが大盛況だった「寒天の日」

    長野県寒天水産加工業協同組合、寒天の日イベント開催 無料サービス大盛況(2017.02.15)

     【長野】「寒天の日」(2月16日)にちなみ、長野県寒天水産加工業協同組合は11日、JR茅野駅前で恒例の記念イベントを開いた。凍結乾燥させる前の「生天」を突いたところてんや寒天入り豚汁の無料サービスに、開始の午前10時前から約300人…

  • 卸・商社

    「新潟地区総合企画商談会」のカナカンオリジナル商品コーナー

    カナカン、特産品揃え新潟で商談会開催 こだわり自社商品や多彩な提案(2017.02.15)

     【新潟・関東】カナカンは8日、「2017新潟地区総合企画商談会」を、新潟市産業振興センターで〈春の陣2017~食べて選べる商談会~〉をテーマに開催した。

     「外食&酒」「日配&フローズン」「食品&菓子」の各カテゴリーごと…

  • 飲料

    すっきりとした味わいとユニークな食感が特徴の「十六穀でつくった麹あま酒」

    菊水酒造、「十六穀でつくった麹あま酒」発売 自然派や健康志向取り込む(2017.02.15)

     【新潟・関東】菊水酒造は1日、「十六穀でつくった麹あま酒」を発売した。最大の特徴はこれまでの甘酒にはないすっきりとした味わいとユニークな食感。十六穀をすりつぶさずに食感に生かした。自然派や健康志向のユーザーの取り込みを図る。

  • その他

    小泉元伸観光局長

    茨城県、「おみやげ大賞」試食会開催 “おいしい茨城”PR(2017.02.15)

     【新潟・関東】茨城県は7日、「茨城県おみやげ大賞」試食イベントを、東京都中央区の日本橋カフェストで開催した。

     同賞は、茨城の「おいしい」をより多くの人に知ってもらうことを目的に、県内のお土産を一堂に集め、県を代表するお…

  • 農産加工

    丸善食品工業、専門店とコラボ「七味唐辛子入りなめ茸」発売(2017.02.03)

     【長野】丸善食品工業は20日、同じ長野県の七味唐辛子メーカー、八幡屋礒五郎の七味唐辛子を使った「七味唐辛子入りなめ茸」(120g)を発売する。「ご飯のお供」はもちろん、ピリ辛調味料の用途も提案。県勢同士のコラボレートで需要喚起を図る…

  • 酒類

    キッコーマン食品、龍眼100%スパークリングワイン発売(2017.02.03)

     【長野】キッコーマン食品はこのほど、長野県産ブドウ「龍眼(りゅうがん)」100%のスパークリングワイン「マンズワイン酵母の泡 龍眼」(写真、720ml)を、同県内限定で発売した。

     国産スパークリングワインで一般的な炭酸…

  • 味噌・醤油

    「味噌踏み」の熱気に包まれた寒仕込み

    ひかり味噌が寒仕込み 寒さ吹き飛ばす「味噌踏み」(2017.02.01)

     【長野】ひかり味噌は1月27日の早朝、毎年恒例の「寒仕込み」を、飯島町の飯島グリーン工場で行った。昔ながらの味噌玉を使った天然醸造の仕込み作業で、均一な発酵を促すために味噌を足で踏みならして空気を抜く「味噌踏み」を社員らが行うと、工…

  • 農産加工

    みすずコーポレーション監修、「こうや豆腐レシピ集」好評(2017.01.27)

     【長野】みすずコーポレーションが監修した「こうや豆腐レシピ集 毎日の食卓に81品」(写真)が好評だ(ほおずき書籍発行)。

     「季節の含め煮」「太巻き寿司」などの定番料理をはじめ、「こうやカツ」「肉巻きこうや」などのアレン…