日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

ナガノトマト、トマトジュースを7月から値上げ

飲料 2018.02.23 11665号 01面

 【長野】ナガノトマトは、長野県産の加工用トマトを原料にしたトマトジュースの小売価格を、18年製造分から約9%値上げする。

 同社が契約栽培している県産の加工用トマトは生産者の高齢化などで年々、作付面積が減少。原料の安定確保に向けて、買い取り価格の引き上げや一層の振興策など支援強化が必要な上、物流費や人件費も軒並み上昇していることから、改定に踏み切った。改定時期は18年の製造が始まる7月下旬から8月の予定。

 (西澤貴寛)

...続きを読む

関東

  • 飲料

    ナガノトマト、トマトジュースを7月から値上げ(2018.02.23)

     【長野】ナガノトマトは、長野県産の加工用トマトを原料にしたトマトジュースの小売価格を、18年製造分から約9%値上げする。

     同社が契約栽培している県産の加工用トマトは生産者の高齢化などで年々、作付面積が減少。原料の安定確…

  • 水産加工

    「生天」でつくるところてんの無料サービスなどに大勢が訪れた「寒天の日」イベント

    長野県寒天水産加工業協同組合、寒天の日恒例イベント 無料サービス大盛況(2018.02.23)

     【長野】「寒天の日」(2月16日)にちなみ、長野県寒天水産加工業協同組合は17日、JR茅野駅前で恒例の記念イベントを開いた。寒天に凍結乾燥させる前の「生天」で作ったところてんや寒天入り豚汁の無料サービスに、開始の午前10時前から約2…

  • 卸・商社

    マルイチ産商、第3四半期は売上高15.4%増 通期業績予想変更なし(2018.02.19)

     【長野】マルイチ産商の2018年3月期第3四半期(連結)売上高は1698億3900万円で、前年同期から15.4%増と大きく伸びた。営業利益は19億5700万円(前年比6.5%増)、経常利益は24億1900万円(同13.2%増)だった…

  • 小麦加工

    長野県信州そば組合、品評会周年記念イベント開催 入賞商品に舌鼓(2018.02.16)

     【長野】長野県信州そば組合は9日、都内で乾そばの試食会(写真)を開いた。昨年11月で第60回を迎えた「信州そば品評会」の周年記念イベントで、午前と午後の2部に一般から募った23人が参加。品評会の上位入賞商品に舌鼓を打った。

    <…
  • 飲料

    マルコメ、「糀甘酒」レシピコンテスト開く(2018.02.02)

     【長野】マルコメは、同社の「プラス糀 糀甘酒」を使ったオリジナルレシピ、料理写真を募る「カラダにやさしい糀甘酒を使ったビーガンレシピコンテスト」を行っている。

     コンテストは、「糀甘酒」プレーンタイプを、肉や魚介類、卵、…

  • 味噌・醤油

    味噌踏みに汗を流す林善博社長(左)と小市一道醸造部長

    ひかり味噌が「寒仕込み」 熱気包まれる“味噌踏み”(2018.01.31)

     【長野】ひかり味噌は27日の早朝、伝統の「寒仕込み」を飯島グリーン工場(飯島町)で行った。外気温マイナス10度Cの中、発酵を均一に促す「味噌踏み」を社員約50人が交代で行うと、工場内は寒さを吹き飛ばす熱気に包まれた。

     …

  • 味噌・醤油

    「味噌開き」でスポンサー契約を祝ったマルコメ君と小林悠選手(中央)ら

    マルコメ、川崎フロンターレとスポンサー契約(2018.01.29)

     【長野】マルコメは、サッカーJ1の川崎フロンターレと2018年のスポンサー契約を結んだ。

     21日の球団新体制発表会にはマルコメ君が駆け付け、小林悠選手と一緒に記念の味噌樽開きを行い、同社の応援によるチームの始動を祝った…

  • 農産加工

    「大町アルプス工場」の完成予想図

    みすずコーポレーション、大町アルプス工場新設(2018.01.22)

     【長野】こうや豆腐、油揚げなどを製造するみすずコーポレーションは、大町市に新工場を建設する。油揚げとその加工品を手掛ける計画で4月に着工、19年7月ごろの稼働を目指す。油揚げの関連市場は需要が旺盛な一方、製造業者の減少で供給がひっ迫…

  • 味噌・醤油

    マルコメ「料亭の味コナミソ」

    マルコメ春夏新商品 「一歩先」へ商品拡充 粉末味噌や甘酒、大豆肉など(2018.01.19)

     【長野】マルコメは11日、東京都内で18年春夏新商品の発表会を開いた。今期も「発酵健美」を継続テーマに、粉末タイプの味噌や好調が続く甘酒、大豆肉など、ラインアップを多彩に拡充。「現代の、一歩先の食生活に」(同社)向けて、商品力を高め…

  • 味噌・醤油

    新工場「魚沼醸造」の完成予想模型

    マルコメ、新工場「魚沼醸造」10月に竣工(2018.01.19)

     【長野】マルコメは、新潟県魚沼市に10月、新工場を竣工させる。先立って設立した新会社「魚沼醸造」(社長=青木時男マルコメ社長)が運営し、当面は需要が拡大する甘酒の製造を手掛ける。

     「水の郷工業団地」内に建設する新工場は…

  • 卸・商社

    マルイチ産商、水産商品本部を16日付で設置(2018.01.15)

     【長野】マルイチ産商は水産事業部の商品施策を強化するため、新たに「水産商品本部」を16日付で設置する。現在の生鮮商品本部と塩冷商品本部と統合する形で、管下に水産一部から同五部までを置く。

     また事業構造改革の推進を目指し…

  • 卸・商社

    小林徳幸会長

    長野県食品問屋連盟、賀詞交歓会開催 生産性向上が必要(2018.01.12)

     【長野】長野県食品問屋連盟は10日、長野市のホテルで新年の賀詞交歓会を開いた。会員、賛助会員合わせて161人が出席。小林徳幸会長(マルイチ産商常務執行役員食品事業部長)はあいさつで、「ネット通販の拡大や働き方改革など、業界を取り巻く…