日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

水産大学校など、希少海苔を陸上で養殖

水産加工 2018.04.20 11691号 03面

モデル施設内部

 【九州】水産大学校、山口県水産研究センターなどはこのほど、カイガラアマノリの陸上養殖技術を開発した。同技術は2015年度から3年間、農林水産省のプロジェクト研究として進めてきた事業で生まれたもの。

 カイガラアマノリは、伊勢湾や瀬戸内海など限られた場所に生育する、環境省の絶滅危惧1類にも指定されている希少な海苔だ。

 一般的な海苔の養殖は胞子を大量に海苔網につけて行う。これに対し、カイガラアマノリは生育の過程で胞子を出さないため、海苔網による養殖が不可能。新たな養殖方法を検討す...続きを読む

九州