日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

ヤマキ、世界展開を加速 米国で初の削り節工場

水産加工 2018.06.15 11715号 01面

 ヤマキは9月から、業界初となる米国の削り節工場を稼働させる。オレゴン州にあるグループ工場内に削り・粉末ラインを設け、日本と同じ製造期間と商品力を実現し、4年後に売上げを50%増やす。鰹節・だし文化の世界展開という経営戦略を加速する。

 削り節工場の設立は米国では初めて。独自の食文化だが、日本企業による米国進出は営業・販売止まりだった。ヤマキも以前から輸出・販売し、近年は需要が高止まりして米国での売上げは約3億円。事業と市場拡大を目指して新工場を設ける。

 新工場によって生産のリ...続きを読む

海外