日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

台湾国際農業総合展(上)スマート農業で問題解決

農産加工 2018.12.14 11808号 03面

終日多くの人でにぎわった旺田温室設備と智能環控グループの共同出展ブース

 台湾・高雄市内で11月21~23日に開催された「台湾国際農業総合展2018」(主催=マイエグジビション)では、最先端農業技術が紹介された。活気あふれるブースを3回に分けて紹介する。(佐藤路登世)

 今回目立ったのが、天候不順など農業問題の解決につなげる「スマート農業」。今回のテーマの一つとなり、植物工場やIT農業が紹介された。

 日本の農林水産省に当たる「台湾行政院農業委員会」ブースでは、国立研究所で開発された最先端技術供与を受け、商品化に成功した企業が出展した。うち、吉成温室...続きを読む

海外