日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

  • 飲料

    ダイドードリンコ、「和果ごこち」2品リニューアル(2019.03.13)

     【関西】ダイドードリンコは、「和果ごこち ゆずれもん」(=写真、500mlPET、希望小売価格税別140円)を11日、「和果ごこち 日向夏サイダー」(500mlPET、同130円)を4月15日、リニューアルして発売。

     …

  • 小麦加工

    日本製粉、トルコ至宝展に協賛し友好親善(2019.03.13)

     日本製粉はトルコ文化年2019として、東京と京都で開催される「トルコ至宝展 チューリプの宮殿 トプカプの美」に協賛している。同社は、同展覧会の「アジアの東と西の端に位置する両国民が交流の裾野を広げ、友好を未来につなげることを願う」と…

  • 飲料

    ダイドードリンコ、自販機専用品「FUNBAR」発売(2019.03.13)

     【関西】ダイドードリンコは、働く人の「もうひと踏ん張り」を応援する自動販売機専用缶コーヒー「ダイドーブレンド FUNBAR(ふんばる)」(185g缶、希望小売価格税別115円)=写真=を11日、新発売した。

     同品は、厳…

  • 菓子

    ジャパンフリトレー、「マイクポップコーン料亭の味」を上市(2019.03.13)

     【長野】ジャパンフリトレーは、マルコメが展開する味噌のトップブランド「料亭の味」をフレーバーに採用した「マイクポップコーン料亭の味」(=写真、40g)を11日から、期間限定で全国発売した。カツオと昆布のだし入り味噌による「日本人の味…

  • 小麦加工

    復興支援第9弾の新華園本店釜石ラーメン

    明星食品、東北復興支援第9弾 「新華園本店 釜石ラーメン」発売(2019.03.13)

     【東北】明星食品が2011年から毎年取り組んでいる、東北復興支援商品の第9弾となるカップ麺「新華園本店 釜石ラーメン」が4日から全国発売されている。岩手県釜石市で1951(昭和26)年に創業した老舗で、スープになじむ細縮れ麺と琥珀(…

  • 農産加工

    量産でき日持ちする生とうふ

    太子食品工業、日持ちする「一丁寄せ 生とうふ」発売 広域流通を可能に(2019.03.13)

     【東北】太子食品工業(青森県三戸町)は生の豆腐の風味を保ったままで日持ちさせ、広域流通を可能にする「一丁寄せ 生とうふ」を1日発売した。

     1992年から発売しており、昨年11月で累計販売8億個にのぼる既存商品「一丁寄せ…

  • 小麦加工

    FD白石温麺

    白石興産、2分でできるFD白石温麺が好評 おむすびころりん本舗とコラボ(2019.03.13)

     【東北】ヨシムラ・フード・ホールディングス(YFH)の白石興産(宮城県白石市)は9cmの短い麺で知られる白石温麺をフリーズドライ(FD)にし、お湯を注げばすぐ食べられる商品を昨年12月発売、土産物などで好評だ。

     製造は…

  • 農産加工

    笑顔で弘前リンゴをPRしたりんご娘

    弘前リンゴを青森りんご娘がPR 今年もみやぎ生協で(2019.03.13)

     【東北】青森県のご当地アイドル「りんご娘」が、今年も2月23日、みやぎ生協セラビ幸町店を訪れ自慢の歌とダンスのライブで弘前リンゴをPRした。今年で7回目となったリンゴPRキャラバンは昨年10月愛知県豊田市からスタート、全国11ヵ所で…

  • 惣菜・中食

    会場では厳正な審査が行われた

    「惣菜・べんとうグランプリ2019」8部門から受賞商品決定 金賞18品、優秀賞45品(2019.03.11)

     日本食糧新聞社主催、日本惣菜協会・日本べんとう振興協会・惣菜サミット・日本鉄道構内営業中央会後援による「惣菜・べんとうグランプリ2019」の最終審査会が7日、東京都品川区の中央化学東京オフィス・ショールームで開催された。8部門から金…

  • 小麦加工

    輸入小麦4月期売渡価格、主要5銘柄5期ぶり引き下げ 農水省(2019.03.11)

     農林水産省は8日、4月期の輸入小麦政府売渡価格について、主要5銘柄加重平均(税込み価格)で1t当たり5万4630円、前期(18年10月期5万5560円)に比べ1.7%引き下げると発表した。引き下げは、16年10月期以来5期ぶり。

  • 酒類

    高級酒を手にするノジェム・フアド新社長

    ペルノ・リカール・ジャパン、高級酒路線を一段と強化 ノジェム・フアド新社長が方針示す(2019.03.11)

     洋酒販売のペルノ・リカール・ジャパン(PRJ)は、高級酒路線を一段と強化する。「日本の消費者は高品質な製品を強く求めている」と語るのは、1月1日付で新社長に就いたノジェム・フアド社長。このほど、東京本社で発表会を開き、事業戦略につい…

  • 小麦加工

    友栄食品興業、秋のパントレンドを予測 ナッツ類との組み合わせ提案(2019.03.11)

     【関西】友栄食品興業は2019年秋のパントレンドを予測した。これは同社が過去5年間のトレンドを分析して予測したもの。ここ数年ランキング上位を占める、芋・栗・カボチャ中心の商品展開を今年も提案。さらにナッツ類を組み合わせて香ばしさを添…

  • 乳肉・油脂

    J-オイルミルズ、日本企業初のIOC理化学A認証を取得(2019.03.11)

     J-オイルミルズは18年12月、国際オリーブオイル協会(IOC)で定めるオリーブオイルの品質に関する国際基準のうち日本企業では初となる理化学A認証を取得した。

     オリーブの果実を搾って作られるオリーブオイルは、産地や収穫…

  • 農産加工

    試食用に配られた商品(上から時計回りに金芽食パンを使ったサンドイッチ、フジッリ入りスープ、食パン、キンメッコロール、キンメッコパン)

    東洋ライス、金芽ロウカット玄米で米粉に本格参入(2019.03.11)

     東洋ライスは5日、米粉事業に参入することを明らかにした。精米を粉状にするのではなく、同社の金芽米、金芽ロウカット玄米、金芽米もちを原材料として使い、ビタミン類などが含まれるぬかの栄養成分を残しながら、優れた味や食感を実現、パン、パス…

  • 小麦加工

    J-オイルミルズ、製菓・製パン領域強化 オーストリア社ミックス製品を販売(2019.03.11)

     J-オイルミルズは今春、製菓・製パン領域でのソリューション提案を加速する。かねて進めている加工油脂(マーガリン)分野での商品力・提案力強化に加え、2月下旬から順次、ミックス粉分野での本格提案に着手。欧州5大総合製菓製パンメーカーの一…

  • その他

    中小機構、売上げ増へICT導入を推進 豊富な支援で活用促す(2019.03.11)

     中小企業基盤整備機構(中小機構)は中小企業の生産性向上に向けたICT活用を推進している。国内の人口減や消費市場縮小を受け、ICT導入が売上げ拡大、販路開拓につながると、無料アプリ活用、越境ECなど幅広い支援メニューでサポートしている…

  • 小売

    セブンイレブン、一部の店舗で夜間休業実験(2019.03.11)

     セブン-イレブン・ジャパンは一部の店舗で夜間一時休業の実証実験を3月中旬から行う。顧客の利便性や従業員への影響や作業、物流の効率化、売上げや収益などを検証するという。物流も実験の対象になっているため、配送業者など取引先も対応が求めら…

  • 酒類

    日本ワインが生産増 国内ワイナリー数拡大(2019.03.11)

     国産ブドウだけを使い国内で造る「日本ワイン」の生産量が増えている。国税庁がこのほど発表した最新の調査によれば、17年度(17年4月~18年3月)の生産量は1万7663klと前年から6.2%増えた。国内のワイナリー数が増えたためと見ら…

  • 農産加工

    倉内伸幸会長(右から3人目)と受賞者

    「日本雑穀アワード」デイリー食品部門 はくばくなど5社が金賞(2019.03.11)

     日本雑穀協会は5日、「日本雑穀アワード デイリー食品部門〈2019・春〉」金賞授賞式を東京都中央区の日本橋社会教育会館ホールで開催した。金賞には、はくばくの「雑穀のある暮らし 7種の黄色いブレンド」と「同 8種の赤いブレンド」、ベス…

  • 調味

    キユーピー、「ホワイト500」2年連続の認定(2019.03.11)

     キユーピーは、「健康優良法人2019(ホワイト500)」の認定を受けた。この制度は、経済産業省が地域の健康課題に即した取組みや日本健康会議が進める健康増進の取組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している法人を顕彰する制度で17年に…