日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

  • 菓子

    希少糖含有シロップ「レアシュガースウィート」

    希少糖普及協会、11月10日「希少糖の日」認知向上目指す RSSメニュー展開(2018.11.02)

     11月10(いい糖)日は「希少糖の日」。希少糖普及協会は11月を「希少糖月間」と定め、認知向上と普及を目的としたイベントを全国で実施する。さらに、香川県内を中心に複数の飲食店で、希少糖含有シロップ(RSS)を使ったヘルシー料理がメニ…

  • 菓子

    ギンビス、ディーン&デルーカとコラボ 限定「たべっ子どうぶつ」発売(2018.11.02)

     ギンビスは、世界中のおいしい食べ物をあつめた食のセレクトショップ「ディーン&デルーカ」を展開するウェルカムとコラボレーションし「たべっ子どうぶつ for ディーン&デルーカ」(写真)と「大きなたべっ子どうぶつ園」を1日に発売した。<…

  • 小麦加工

    日本製粉、「CSR報告書2018」発行(2018.11.02)

     日本製粉は、同社グループのCSR活動をまとめた「CSR報告書2018」(写真)を発行した。ステークホルダーとのより良いコミュニケーションを図る目的で制作している。

     今回からWeb版、冊子版ともに同社の特定するCSR重要…

  • 菓子

    ヨックモック、北欧デザインのクリスマスコレクション 日瑞外交150周年記念第5弾(2018.11.02)

     ヨックモックは1日、日本とスウェーデン外交関係樹立150周年記念のコラボレーション企画第5弾として、社名の由来となったスウェーデンの町「JOKKMOKK(ヨックモック)」在住のデザイナーを起用したクリスマスコレクション(写真)を同社…

  • 小麦加工

    山崎製パン、ゴールドシリーズに「くるみ」発売(2018.11.02)

     山崎製パンは1日、「最高の品質とおいしさ」をコンセプトにした「ゴールドシリーズ」の新商品として「くるみゴールド」(写真)を全国発売した。「ゴールド」シリーズは、素材へのこだわりとともに手軽に食べられる少し小さめのサイズが特徴。通常の…

  • その他

    複数税率まで11ヵ月 事業者は業務負担増 社会的混乱は防止できるか(2018.10.31)

     10%の標準税率と8%の軽減税率の複数の税率になる19年10月1日の消費増税まで、残すところ11ヵ月となった。売り手には、発行する請求書などに軽減税率の対象品目や標準税率や軽減税率ごとに合計した対価の額の記載が要求される「区分記載請…

  • その他

    参入第1弾として発売する内視鏡用粘膜下注入材「ケイスマート」

    キユーピー、医療分野に参入 ヒアルロン酸など活用(2018.10.31)

     キユーピーは今冬、医療機器分野に事業参入する。25日、医薬・化粧品などを原料として展開していたヒアルロン酸に関する知見や医療機器専門業者との関係を生かし、商品設計・製造・販売などをトータルで管理することを発表した。第1弾として11月…

  • 冷凍・チルド

    加藤直二社長

    帝国ホテルキッチン・加藤社長 上期好調、カレーギフトけん引 2桁成長へ下期新4品(2018.10.31)

     ホテルブランドの3温度帯プレミアム調理食品を手掛ける帝国ホテルキッチンは、18年度上期を好調な業績で折り返した。通期でも高水準の成長を目指す。加藤直二社長に上期の推移と通期見通し、今秋以降の商品戦略を聞いた。

        *…

  • 菓子

    NECとダンデライオン・チョコレート、AIと新聞記事活用 「あの頃はCHOCOLATE」開発(2018.10.31)

     日本電気(NEC)とサンフランシスコ発「Bean to Bar」チョコレート専門店のダンデライオン・チョコレート・ジャパン(DCJ)は25日、社会を反映する新聞記事からその時代のムードをチョコレートで再現した「あの頃はCHOCOLA…

  • 外食

    農水省、第9回「料理マスターズ」受賞12人決まる(2018.10.31)

     農林水産省は26日、第9回料理人顕彰制度「料理マスターズ」シルバー賞、ブロンズ賞の受賞者を発表した。榊原英資審査委員長ら料理マスターズ審査委員12人による厳正な審査の結果、シルバー賞4人、ブロンズ賞8人の受賞者が決定した。11月6日…

  • 乳肉・油脂

    高橋はるみ知事(左)から松田克也社長に感謝状が贈呈された

    明治、北海道地震で義援金 道庁へ1億円、酪農支援(2018.10.31)

     【北海道】明治は25日、「平成30年北海道胆振東部地震」に対する道内の酪農業への支援として、北海道庁に1億円の義援金を寄付した。札幌の知事公館で贈呈式が行われ、松田克也社長が高橋はるみ北海道知事に震災義援金の目録を手渡し、北海道庁か…

  • 農産加工

    真誠、業務用製品値上げ 原料価格高騰続く(2018.10.31)

     【中部】真誠は、白ごまと黒ごまの原料価格高騰に伴い、業務用製品価格を19年2月1日出荷分から値上げする。値上げ幅は白ごまが5~12%、黒ごまは大口条件価格を見直す。金ごまは変更しない。

     同社は昨今のごま原料調達環境の急…

  • 小売

    梶原雄一朗イズミ専務(右)と大村俊彦セブン―イレブン・ジャパン常務

    イズミグループとセブンイレブン、電子マネーを相互利用 西日本12県内で展開(2018.10.31)

     【中国】イズミ、ゆめカード、セブン-イレブン・ジャパン、セブン・カードサービスは、イズミグループが店舗展開する西日本エリア12県内のセブンイレブン店舗とイズミグループ店舗で、電子マネー「ゆめか」と「nanaco(ナナコ)」の相互利用…

  • 菓子

    商品をPRする伊藤秀二社長(左から2人目)、冨士滋美浅草観光連盟会長(中央)、小泉貴紀マーケティング本部長(右から2人目)ら

    カルビー、「ラブジャパン」今年も継続展開 新たに第1弾投入(2018.10.31)

     カルビーは、47都道府県の「地元ならではの味」を開発する「ラブジャパン」プロジェクトを2018年も継続展開する。初年度の17年は、計画比約50%増の約1700万袋の売上げを記録し、新規ユーザーの獲得にも成功。同社ポテトチップス購入率…

  • 酒類

    「椀子ワイナリー」の外観イメージ。360度畑に囲まれた環境

    メルシャン、長野に新ワイナリー建設 日本ワイン生産拡大(2018.10.31)

     メルシャンは25日、国産ブドウだけで造る「日本ワイン」事業で、長野県上田市に新しいワイナリーの建設を始めた。世界市場を見据え、日本ワインの品質と生産量を高める狙い。「日本ワイン拡大の好機が到来している」(代野照幸社長)とし、生産体制…

  • 酒類

    見学コースや試飲ギャラリーなども備えた土佐蔵

    酔鯨酒造、新工場「土佐蔵」公開 高品質酒に特化(2018.10.31)

     【関西】酔鯨酒造は9月から稼働した新工場「土佐蔵」(高知県土佐市)を17日、報道関係者らに公開した。新工場では最新の醸造設備を導入し、近年、市場が拡大している吟醸酒など高品質の日本酒の生産に特化。見学コースや試飲ができるギャラリーも…

  • 味噌・醤油

    審査員が香りや味などを審査し、その年の“日本一の味噌”を決める

    中央味噌研究所、全国味噌鑑評会で審査 406品が技術力競う(2018.10.31)

     中央味噌研究所は23、24の2日間、その年の“日本一の味噌”を決める「第61回全国味噌鑑評会」の審査会を行った。全国から集まった406品の味噌を12カテゴリーに分類、技術者や関連研究者が色や香り、味、組成を総合的に審査採点した。

  • 卸・商社

    鈴木雅治社長

    IZUMIYA・鈴木社長 2月期は微増収減益見込み 減益要因は先行投資(2018.10.31)

     IZUMIYAの鈴木雅治社長は、小田原本社主催の展示会席上で今2月期の現状などについて語った。

     3~9月の売上高は、M&Aした和食専門食材卸「うな忠」の「うな忠事業部」分が純増したが、全体的には微増収。

     …

  • 卸・商社

    服部冬樹社長

    服部コーヒーフーズ、上期業績概況は売上げ0.5%増(2018.10.31)

     【東北】服部コーヒーフーズの取引先会・HCF会の第82回例会が仙台市の江陽グランドホテルで開催された。服部冬樹社長は上期業績概況を次のように述べた。

     「得意先は今夏の酷暑で良かったところ悪かったところ、両極に分かれる。…

  • 飲料

    ダイドードリンコ、情報発信自販機で水都大阪の認知拡大(2018.10.31)

     【関西】ダイドードリンコは、大阪府などが大阪の水辺を活気とにぎわいのある場へと再生すべく、さまざまな試みを展開している「水都大阪」の認知拡大と理解促進を目的に、「“水都大阪”情報発信ベンダー」=写真=を20日、大阪市福島区の福島港(…