日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

  • その他

    日清ペットフード、「愛犬キッチン」にお徳用ハンバーグ(2018.01.24)

     日清製粉グループの日清ペットフードは、17年9月に新設した「Lovely 愛犬キッチン」ブランドの冷凍ハンバーグシリーズから、「お徳用ハンバーグ」2品を9日から新発売した。

     商品特徴は、(1)ハンバーグをオーブンで焼い…

  • 飲料

    日本製粉、「濃恋野菜」シリーズでこいあおな使用とろりスムージー(2018.01.24)

     日本製粉は、特徴的な野菜を使用した飲料「濃恋(こいこい)野菜」シリーズとして、苦味の少ない国産ケール「こいあおな」を使った「ケールのスムージー」=写真=を1月上旬から発売している。

     ケールは栄養価の高さから“野菜の王様…

  • 農産加工

    浜乙女、「やくみ」2品をリニューアル(2018.01.24)

     【中部】浜乙女は2月1日から、麺類のやくみとして定番の素材をミックスした「やくみしょうが風味」=写真(左)、「やくみわさび風味」=同(右)(各300円、税別)をリニューアル発売する。

     今回、「やくみしょうが風味」は香り…

  • 菓子

    森永乳業、「をかし」な体験届ける 限定店も3年目(2018.01.24)

     森永製菓は、『お菓子をこえる「をかし」な体験を』がコンセプトのショップ「TAICHIROMORINAGA」を17日の松坂屋名古屋を皮切りに、東京・名古屋・大阪他で期間限定ショップをオープンする。

     1899年、西洋菓子が…

  • 調味

    キユーピー、「深煎りごまドレッシング ピリ辛テイスト」発売(2018.01.24)

     キユーピーは2月16日から、ドレッシングの主力シリーズ「金キャップ」で「深煎りごまドレッシング ピリ辛テイスト」=写真=を全国に発売する。

     「深煎りごまドレッシング ピリ辛テイスト」は、焙煎したごまの香りとクリーミーな…

  • びん・缶詰

    キユーピー、「素材パウチ」シリーズに「北海道コーン クリーム」投入(2018.01.24)

     キユーピーは2月16日から、「素材パウチ」シリーズで「サラダクラブ 北海道コーン クリーム」=写真=を家庭用向けにレトルトパウチで発売する。

     「素材パウチ」は豆やオリーブ、ツナなどの素材が、保存性に優れたパウチ入りのシ…

  • 調味

    キユーピー、あえるパスタソース2品刷新 プロモーションも強化(2018.01.24)

     キユーピーは2月16日から、そのままあえるだけのパスタソース「たらこ」=写真(右)=と「からし明太子」=同(左)=の2品をリニューアルして発売する。同時に「たらこキユーピー」のプロモーションを強化する。

     2品とも、あえ…

  • 菓子

    モンテール、冬に楽しむケーキ「大人Dolce」2品発売 希少ブルボンバニラを使用(2018.01.24)

     モンテールは、冬に最適なホワイトケーキとして、希少なブルボンバニラを使用した「大人Dolce(ドルチェ)・ブルボンバニラ」=写真=と「同グランデ・ブルボンバニラ」を2月1日から28日までの期間限定で発売する。

     バニラビ…

  • 調味

    日東食品工業、千代の一番と共同開発 「すぐ漬けだし」発売(2018.01.24)

     【中国】日東食品工業は、千代の一番社と共同開発した浅漬けの素「すぐ漬けだし」=写真=を2月1日から新発売する。

     同商品は、千代の一番社の人気商品「万能和風だし(ゴールド)」を使用した、野菜がおいしく漬かる粉末タイプの浅…

  • 飲料

    左から「クオリタ オロ ビアンコ」レギュラーコーヒータイプ180g「同ネロ」レギュラーコーヒータイプ180g

    片岡物産、「ラバッツァ」新商品4アイテムを全国展開(2018.01.24)

     【関西】片岡物産は2月20日から、イタリアンコーヒーブランド「ラバッツァ」の新商品4アイテムの全国発売を開始する。初めて日本国内向けに開発した「〈ラバッツァ〉クオリタ オロ ビアンコ」「同ネロ」は、レギュラーコーヒータイプ(粉・18…

  • 小売

    コスモス薬品、関東進出はオリンピック後 北陸進出も視野に(2018.01.24)

     コスモス薬品の総店舗数は、17年12月時点で867店となっている。同月に名古屋市内に1号店を開設、東進を続ける出店エリアは愛知県まで広がった。北関東への進出を明言しているが、柴田太社長は17日に都内で行われた会見で、東京オリンピック…

  • 小売

    店頭を活用し食品廃棄への意識向上に取り組む

    ダイエー、寄贈廃棄食品を活用 40店に拡大 家庭からも募る(2018.01.24)

     ダイエーは14日、賞味期限などを理由に廃棄する食品の寄贈活動を2府4県の40店に拡大した。17年4月から和歌山県内の7店で実施していた取り組みで、今後は店舗の在庫だけでなく、来店客にも家庭の不要な食品の寄付を募る。

     回…

  • 小売

    桑原孝正副社長

    さえきセルバHD、店の利便性アップ 電子マネー導入などSM機能拡大へ(2018.01.24)

     さえきセルバホールディングス(HD)は18年度、グループで新設2店、改装6店を計画するほか、独自電子マネーの導入、店内で食事を提供するグローサラントの業態開発、コインランドリー事業への参入など食品スーパー(SM)の機能拡大に取り組む…

  • 小売

    ローソン、中国安徽省に進出(2018.01.24)

     ローソンは、18年春に中国安徽省の省都、合肥市に1号店を開設する。中国でローソンの展開エリアは5省3直轄市になる。安徽省での展開は南京中央商陽(集団)股〓(フン)有限公司(以下「中央商陽」)とのエリアライセンス契約によるもので、日系…

  • 小売

    店内ではロカボのメニューセットを時間帯やシーン別に紹介

    ローソン、実験店でロカボメニュー提案 70品に認証マーク(2018.01.24)

     ローソンは東京・丸の内の三菱商事ビル1階に健康商品を集めた実験店を16日に開店し、ロカボ(緩やかな糖質制限食)のセットメニューを提案する。セットメニューはロカボを提唱する食・楽・健康協会の山田悟代表(北里大学北里研究所病院糖尿病セン…

  • 小麦加工

    飯島延浩日本パン工業会会長

    製パン業界、価格改定に慎重姿勢 高単価の強化継続 低価格帯品質向上も(2018.01.22)

     製パン業界は、17年秋の輸入小麦の政府売渡価格の引き上げに加え、油脂価格なども上昇を続けるなど厳しい局面にあるが、「値上げ」は選択しないとの観測が広がる。

     東京都内で19日開催した日本パン工業会の記者会見で飯島延浩会長…

  • 酒類

    左から島田淳部長、宮石徹営業本部長、新価値開発部の寶麻実氏

    サッポロビール、RTDを強化 オンリーワン次々投入(2018.01.22)

     サッポロビールが18年、RTD分野の強化に動く。4月にフルーツビネガーを使ったアルコール度数8%の女性向けストロング商品「りらくす」を発売し、主力の「男梅サワー」に次ぐ柱に育てる。「驚きのあるオンリーワン商品を次々と投入し、市場の期…

  • 冷凍・チルド

    伊藤滋社長

    マルハニチロ18年春季商品 66品、65億円目標 定番メニュー品揃え(2018.01.22)

     マルハニチロは1~3月にかけて春季新商品66品を発売し、年間売上げ64億9000万円を目指す。内訳は家庭用冷食13品、家庭用加工食品(缶詰・レトルト、すり身製品、デザート)21品、業務用食品(介護食含む)32品。

     伊藤…

  • 調味

    新商品デザインは明るく、売場で目立つ

    正田醤油、成長市場で独自価値 冷めんつゆ、洋白だし(2018.01.22)

     正田醤油は夏のめんつゆ、白だしという成長市場で独自の価値を提案する。新商品の「冷麺風つゆ」「洋風白だし」を2月15日から出荷する。「冷麺」は人気メニューの珍しい専用つゆ、「洋風」は使いやすい液体と紹介する。先行する付加価値品のドレッ…

  • 冷凍・チルド

    ニチレイフーズ、サラダチキン新提案 惣菜売場に安心感(2018.01.22)

     冷食大手のニチレイフーズは今春、家庭用で“常備肉”をコンセプトとした新商品を、業務用では惣菜売場で“安心感”を切り口とした新シリーズを投入する。ともに素材を生かしたシンプルな味付けとし、冷食だから可能な分かりやすい商品仕様(原材料表…