日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

  • 小売

    売場でも平台で商品を展開し、POPや試食などで来店客に訴求

    イオンリテール、TPP先駆け豪州産牛を値下げ 年末商戦に訴求(2018.12.12)

     イオンリテールは、30日に発効するTPP(環太平洋パートナーシップ協定)で豪州産牛肉などの関税が引き下がるのに先駆けて、対象となるタスマニアビーフを7日から値下げした。サーロインとリブロースのステーキ用ビーフを値下げして年末商戦に向…

  • 小売

    CGC、包装適正化進む 広がるカテゴリー(2018.12.12)

     CGCグループ(本部=シジシージャパン)は、大袋商品のパッケージをコンパクトにするなど商品包装の適正化を推進している。カテゴリーもチョコレートや米菓などドライグロサリーの商品だけでなく、チルドの加工肉にも広がっている。パッケージ内の…

  • 酒類

    プロジェクトの新商品を発表する西村顕取締役執行役員経営企画室長兼商品開発本部長(左)と佐田尚隆商品開発部主任

    白鶴酒造、若手が新たな日本酒開発 同世代ターゲット(2018.12.12)

     【関西】白鶴酒造は、社内の若手有志社員8人が同世代をメーンターゲットに進めてきた商品開発プロジェクトによって完成した3種類の日本酒(木漏れ日のムシメガネ、陽だまりのシュノーケル、黄昏のテレスコープ)の先行予約販売を5日、クラウドファ…

  • 菓子

    「キャラメルクリスピー」

    森永製菓、コンセプトショップで「をかし」な体験を 東京駅に常設オープン(2018.12.12)

     森永製菓は“お菓子をこえる、「をかし」な体験を”をコンセプトにしたショップ「TAICHIRO MORINAGA STATION Labo」を10日、JR東京駅構内グランスタに常設店としてグランドオープンした。

     1899…

  • 外食

    肉の風味付けや「麦茶飯」など、料理にも石垣食品の麦茶を使用(2924コースの一部)

    石垣食品とノムノがコラボ 赤坂にセルフワインバー開店(2018.12.12)

     石垣食品は10日、「nomuno」を運営するノムノと共同で東京・赤坂にセルフスタイルワインバー「nomuno2924(ノムノニクフジ)」を開店した。

     「nomuno」は、ワインの魅力を気楽に学べる場を目指して、時間無制…

  • 外食

    提供時には焚き火をイメージしたスモークが舞い上がる。右奥はスパイスを砕く石皿

    西宮市の土筆苑、「縄文洋食」3品誕生 テーマ“味の時空越え”(2018.12.12)

     【関西】西宮市の老舗洋食店「洋食とワインのお店 土筆苑」で6日から、古代の食文化を現代風にアレンジした日本初の「縄文洋食」の提供を開始した。同店の大谷隆史シェフが“味の時空越え”をテーマに、縄文時代の食生活と現代の洋食をミックスした…

  • 小麦加工

    敷島製パン、「国産小麦のチーズパン」発売(2018.12.12)

     【中部】敷島製パンは1日から、国産小麦「ゆめちから」シリーズの新商品「国産小麦のチーズパン」(オープン価格)を関東、中部、関西、中国、四国地区で発売開始した。

     同品は、ダイスチーズを練り込んだ生地でチーズクリームを包み…

  • 水産加工

    近年、船凍イカの水揚げシェアを高める山形県酒田漁港。6月に街を挙げて盛大に開催するイカ釣り船団出航式は日本でここだけ。過酷な漁に耐え、おいしいイカを食卓に届ける

    イカ加工業界、不漁続き苦境に 違法外国船影響も(2018.12.10)

     16年後半から3年連続でスルメイカの不漁が続き、イカ加工業界は苦境に立たされている。日本海側では、沿岸部で捕れる生イカが不漁。沖合に出て新鮮なイカを船内で瞬間冷凍する船凍(せんとう)イカも、能登沖にある大和堆(やまとたい)の好漁場で…

  • 酒類

    梅酒タワーにそれぞれの新酒を注ぐ、左から加藤高藏明利酒類社長、中野幸治中野BC社長、金谷優梅酒研究会専務理事(澤田酒造代理)

    梅酒ヌーボーが起爆剤に メーカー3社集結(2018.12.10)

     梅酒ヌーボー(新酒)の普及にメーカー3社が手を組んだ。東京都内に6日、各社のトップが集結。シャンパンタワーならぬ梅酒タワーを前に、今年造った新酒の味わいをアピールした。来年以降は参加メーカーを10社ほどまで増やす意向で、飲食店での乾…

  • 酒類

    アサヒグループホールディングス、新理念はグローカルな価値創造(2018.12.10)

     アサヒグループホールディングス(GHD)は、新しい経営理念“Asahi Group Philosophy”(AGP)を策定、19年1月から施行する。

     新理念ではグループの使命として「期待を超えるおいしさ、楽しい生活文化…

  • 酒類

    酒を漢字一文字に「楽」 4年連続1位 キリンビール調べ(2018.12.10)

     キリンビールは20歳以上の男女約9000人を対象に「酒を漢字一文字で例えると」とアンケートし、4年連続で「楽」が1位に選ばれた。2位は「癒」で、こちらも4年連続で選出された。「喜、幸、快、活などのポジティブな漢字が昨年から大きく順位…

  • 農産加工

    ミニトマトのハウス栽培

    エフコープ生協、ミニトマト初出荷 コープファームで栽培(2018.12.10)

     【九州】エフコープ生活協同組合は、16年4月に福岡県うきは市に設立させた関連会社「コープファーム」(農地所有適格法人)が今年8月、ミニトマトのハウス栽培事業をスタートし、きょう10日、福岡県内全域で出荷を開始した。同生協では、組合員…

  • 菓子

    年末年始に“金箔ポテチ” 湖池屋が発売(2018.12.10)

     湖池屋は、「KOIKEYA PRIDE POTATO」シリーズから、金沢の伝統工芸である金箔(きんぱく)、淡路島でつくられた藻塩を使用した、味わいだけでなく見た目にも華やかなプレミアムポテトチップス「KOIKEYA PRIDE PO…

  • 外食

    代表して登壇した白須敏朗大日本水産会会長(中央右)ら

    ぐるなび総研「今年の一皿」 鯖に選定(2018.12.10)

     ぐるなび総研は6日、「2018年 今年の一皿」に「鯖」を選定した。

     18年は多くの災害に見舞われたことから缶詰など「非常食」を備蓄することの重要性に気付かされた。中でも「サバ缶」は利便性が高く、EPA、DHAなどの必須…

  • 惣菜・中食

    志太勤一会長兼社長

    シダックスのコンビニエンス中食事業 きめ細かさで大手CVSに対抗(2018.12.10)

     シダックスは11月29日、東京都内で開催した2019年3月期第2四半期決算説明会で、コンビニエンス中食事業について「大型コンビニチェーンではできない、よりきめ細かなサービスを広げていきたい」(志太勤一会長兼社長)との考えを示した。<…

  • 酒類

    「SORAH」をPRする岡空晴夫社長(右)と岡空京子専務

    千代むすび酒造、awa酒協会認定「SORAH」PR 東京五輪乾杯酒へ(2018.12.10)

     千代むすび酒造は3日、東京・荻窪の居酒屋「いちべえ」で「千代むすびの会」を開催し、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(東京2020大会)の乾杯酒を目指して造った、awa酒協会認定の日本酒スパークリング「SORAH(そら…

  • その他

    女性グループによるスピルリナ小規模生産

    アフリカの慢性栄養不良、「スピルリナ」で改善 アライアンス・フォーラム財団(2018.12.10)

     アライアンス・フォーラム財団(AFF)は2050年に25億人の人口を見込むアフリカで、「スピルリナ」を活用した慢性栄養不良の改善に取り組む事業を実施している。人口増加が著しいアフリカで慢性栄養不良によって発生する、免疫不全、発育不全…

  • 機械・資材・IT

    鳴海陶器にディスプレーを埋め込んだ「紡ぎ」シリーズ

    ジャパンディスプレイ、「紡ぎ」シリーズ発表 映像と香りで新たな顧客体験(2018.12.10)

     ジャパンディスプレイ(JDI)は4日、スターライズタワーで「見・聞き・触れ・香り・味わえる」という五感を通じた体験ができる新商品の戦略発表会「JDI Future Trip」を開催し、映像と香りで新たな顧客体験を提供する「紡ぎ」シリ…

  • 調味

    ミツカングループ、未来ビジョン宣言 「ZENB initiative」開始 他分野プロと取組み(2018.12.10)

     ミツカングループは、企業理念の二つの原点である「買う身になって まごころこめて よい品を」「脚下照顧に基づく現状否認の実行」の考えの下、創業から210余年の長きにわたり変革と挑戦を続けてきたが、10年先の未来に向けて「ミツカン未来ビ…

  • 調味

    試作品のスティックとペースト

    ミツカングループ、廃棄部分もおいしく クラウドファンディングで試作品提供(2018.12.10)

     ミツカングループは「自然環境の負荷を少なく」「素材そのもののおいしさを引き出す」「カラダに負荷をかけない食生活」を目指し、野菜・豆・穀物・果物の、普段は廃棄している部分も可能な限り丸ごとおいしく食べられ、それらの栄養を余すところなく…