日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

  • 農産加工

    カタギ食品、業務用白・黒ごま値上げ(2019.02.15)

     加工ごま大手のカタギ食品は、白ごまと黒ごまの業務用商品に関して、4月1日出荷分から価格改定を実施する。

     旺盛な世界需要に支えられ近年、原料ごまの高値が続いていたが、昨年に入って急激に値上がりし、現在も続いている。さらに…

  • 小麦加工

    明星食品、即席麺値上げ(2019.02.15)

     明星食品は13日、即席麺の価格改定を発表した。具材、包材などの原材料・資材価格および物流費など諸経費が上昇したことによるコストアップを吸収するため、希望小売価格の約3~7%の幅で6月1日出荷分から値上げを実施する。

     主…

  • 機械・資材・IT

    多くの企業で採用される「バリットボックス」はクロスMDに効果的

    クラウン・パッケージ、即陳列包装でクロスMD支援 製販にメリット(2019.02.15)

     クラウン・パッケージが展開するシェルフレディパッケージング(即陳列包装)「バリットボックス」が、クロスMDの新たな手法として注目されている。商品が陳列された内装箱が什器の代わりになり、店内のあらゆる場所に売場を作れる。メーカー側は販…

  • 小麦加工

    木下紀夫社長

    シマダヤ、業務用の拡大続く(2019.02.15)

     シマダヤの木下紀夫社長は7日、19年第3四半期の概要について「家庭用が若干低調気味で、業務用が量的拡大を続けている。利益面では伸び悩んでいる」と説明した。この状況下での19年春夏の新商品については「発売31年目を迎える『流水麺』を大…

  • 酒類

    サッポロビール「極ゼロ」、新ジャンルに該当せず(2019.02.15)

     サッポロビールが「極ゼロ」の税率適用区分がビール系新ジャンルに該当するかを提起した訴訟で、東京地方裁判所は6日、原告であるサッポロの請求を棄却した。

     「今後の対応については判決内容を精査し、訴訟代理人とも協議の上、決定…

  • 小麦加工

    新食感「もちぷっち」など春の新商品

    昭和産業、変化に対応で高み目指す(2019.02.15)

     昭和産業は7日、新妻一彦社長はじめ経営陣や各事業部門担当役員・部長らが揃って専門紙記者団と会見し、19年3月期第3四半期概況および中期経営計画17-19の進捗(しんちょく)状況を説明した。

     新妻社長は「当社グループの今…

  • 農産加工

    9952平方mの敷地に4棟を配置

    ピックルスコーポレーション、乳酸菌などのテーマパーク20年春オープン(2019.02.15)

     ピックルスコーポレーションは20年春、「健康」「発酵」「乳酸菌」のテーマパーク「OH!!!健康・発酵・in飯能」を埼玉県飯能市の能仁寺敷地内にオープンする。事業コンセプトは「ピックルスヴィレッジ」。敷地は能仁寺から借り、面積は995…

  • 農産加工

    川井光弘・川光物産社長

    川光、新工場順調に稼働 今期増収増益目指す(2019.02.15)

     川光グループは6日、東京・GINZA SIXで恒例の「川光 立春懇親会」を開催した。取引先や社員ら約60人が集まり交流を深めた。

     同グループは昨年、川井光之社長が会長となり、川光物産の社長に川井光弘氏、川光商事の社長に…

  • 農産加工

    カリフォルニア・アーモンド・コミュニティ、25年に向けた農園目標 4公約を実現へ(2019.02.15)

     カリフォルニアのアーモンド生産農家ならびに製造加工業者からなるアーモンド・コミュニティは、カリフォルニア・アーモンド協会を通じて持続可能な栽培に向けた(1)アーモンド栽培に使用する水のさらなる削減(2)アーモンド農園での廃棄物ゼロの…

  • 酒類

    キリンホールディングス、グループ一体でプラスチック問題解決へ(2019.02.15)

     キリンホールディングス(HD)は、プラスチック廃棄問題にグループ一体で取り組む。プラスチック資源の循環化に向け、27年までに国内で提供するPETボトル原料の半分をリサイクル可能な樹脂に変える。良質な使用済みPETボトルの回収と再利用…

  • 飲料

    キーコーヒー春夏戦略 女性への提案強化 アイス訴求も(2019.02.15)

     来年100周年を迎えるキーコーヒーは、100年培った“コーヒーに対する情熱”はそのままに、各時代で変化する消費者のニーズにさらに対応するという大きな二つの方針で取り組む。この春夏戦略のキーワードとなるのが「女性」(40~60代を主と…

  • 冷凍・チルド

    山下健一マーケティング部長

    日清食品冷凍、喫食体験増やす 「マー活」でトライアル促進(2019.02.15)

     日清食品冷凍の19年度マーケティング戦略は二つの方針で展開していく。第一に、定番ブランドからの情報発信(商品・プロモーション)を通じて、消費者の冷凍食品の喫食体験を増やしていく。「日清中華」や「スパ王プレミアム」ブランドが中心となり…

  • 酒類

    新商品の「ボルス ピンクグレープフルーツ」と同品を使ったカクテル

    アサヒビール、食中にカクテル提案 女性向けリキュール投入(2019.02.15)

     アサヒビールは食中のカクテル提案を強化する。ピンク色で食事と合うリキュールを19日に投入し、若い女性を中心にカクテル需要を掘り起こす。ネイルサロンなどと組み、共同販促も展開する。料飲店でのカクテルの飲用率はチューハイ・サワーの半分以…

  • 機械・資材・IT

    今回受賞した生田涌希フジキカイ代表取締役社長(右)と加賀邦彦三菱電機冷熱システム製作所所長

    日本機械工業連合会、優秀省エネ機器・システム表彰 長官賞は2社受賞(2019.02.15)

     日本機械工業連合会は7日、東京・飯田橋のホテルグランドパレスで、「平成30年度優秀省エネ機器・システム表彰式」を行った。食品関連では、三菱電機のヒートポンプ・静置デシカント一体式除湿機「DEH-SP3A」が資源エネルギー庁長官賞を、…

  • 機械・資材・IT

    日本機械工業連合会、優秀省エネ機器表彰制度 IoT、中小企業も対象に(2019.02.15)

     日本機械工業連合会は、経済産業省の後援で1980年から優秀省エネルギー機器表彰制度を実施、今回で39回目を迎える。

     同制度は、今回から「優秀省エネ機器・システム表彰制度」と改め、機器、機械装置が単体として表彰対象となる…

  • 機械・資材・IT

    グランプリに輝いた江戸越屋「粋町玉手箱」

    吉村、「おみやげグランプリ」飲食部門で受賞 江戸越屋「粋町玉手箱」(2019.02.15)

     吉村の江戸越屋「粋町玉手箱」が、ふるさと祭り東京実行委員会の主催する「おみやげグランプリ2019」フード・ドリンク部門でグランプリを受賞した。審査は1月11日に東京ドームで行われ453商品(フード・ドリンク304品、グッズ・ノベルテ…

  • 小麦加工

    日本製粉、「製パンに於ける穀物」翻訳版協力(2019.02.15)

     日本製粉は穀物科学研究者必携の名著といわれている「製パンに於ける穀物~分子コロイド的手法~」(=写真、A・エリアッソン、K・ラルソン著)の翻訳版に出版協力した。

     同社の大楠秀樹フードリサーチセンター長が、瀬口正晴神戸女…

  • 小麦加工

    日清フーズ春の新製品 簡便パスタソース充実 健康志向にも対応(2019.02.15)

     日清フーズの19年春の家庭用常温製品は、新製品34品、リニューアル2品の合計36品を投入する(一部既報)。簡単・便利、本格、健康をテーマに付加価値製品を投入することで、市場の活性化を目指す。初年度販売目標は24億円を掲げる。

  • 水産加工

    三島食品、「のり弁の秘密」にプレミアム品 カツオの質強化(2019.02.15)

     【中国】三島食品は、今春の新商品として「のり弁の秘密・鰹ふりかけPREMIUM34g」「ごまあえの素・香ばしピーナッツ入り8g×6袋」「同・香ばしピーナッツ入り50g」(写真)の3品を1日から新発売した。

     「のり弁の秘…

  • 調味

    日東食品工業、瀬戸内レモン香辛料発売 もやしでうま辛も(2019.02.15)

     【中国】日東食品工業は、今春の新商品として「瀬戸内レモンペッパー」と「もやしでうま辛」(写真)の2品を4日から新発売した。

     「瀬戸内レモンペッパー」は、瀬戸内産のレモン粉末を使用した、レモンの香りと酸味が特徴の爽やかな…