日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

  • 酒類

    「シングルモルト余市マンサニーリャウッドフィニッシュ」(左)と「シングルモルト宮城峡マンサニーリャウッドフィニッシュ」

    アサヒビール、国産ウイスキーの価値強化 限定品2種発売(2018.09.26)

     アサヒビールは、国産ウイスキーの価値強化に努める。「余市」「宮城峡」の両ブランドから貴重な樽で仕込んだ限定品2種を26日に発売する。国産ウイスキーの需要増で各メーカーが出荷調整を強いられる中、「話題を喚起しブランド価値を向上させる」…

  • 外食

    上島成介社長

    ユーシーシーフードサービスシステムズ、「上島珈琲店」さらなる進化図る(2018.09.26)

     UCCグループで外食事業を担当するユーシーシーフードサービスシステムズは主力業態の「上島珈琲店」において、既存店のリニューアルやメニュー強化に注力し、日本独自の喫茶文化を継承しながら、時代に応じたさらなる進化に取り組む。

  • びん・缶詰

    ヤマエ食品工業、「焼きたれカレー」好調 果汁成分で深いコク(2018.09.26)

     【九州】ヤマエ食品工業は「とむら焼きたれカレー」(写真)を7月に発売したが、3ヵ月が経過し、好調に推移している。同品は「戸村の焼肉のたれ」をベースにしたレトルトカレー。

     たっぷりのソテーオニオン、牛バラ肉を使用し、深い…

  • 水産加工

    今秋発売の浦島海苔ブランドの商品群

    日本海水、焼えびふりかけ発売 茶漬けにアゴだし使用(2018.09.26)

     「浦島海苔」ブランドを展開する日本海水は今秋、国産エビを使用したこだわりのふりかけや、アゴだしをベースにした卓上味付け海苔・お茶漬けを発売する。コモディティー化が進む売場にアクセントを加える商品として売り込む。

     「贅沢…

  • 小売

    食卓出現率の高いメニューの開発を進めると語る佐藤英成常務(左)

    ファミリーマート、家族需要に焦点 PB惣菜で女性獲得(2018.09.26)

     コンビニエンスストア(CVS)は、既存店の客数減が長期化している。日本フランチャイズチェーン協会(JFA)の統計調査を見ると、7月まで29ヵ月連続の前年割れとなっている。ファミリーマートでは上期は8月が0.9%増となった以外は前年割…

  • 小売

    鮮魚と精肉売場をつなぐ位置にメニュー提案コーナーを配置

    ヤオコー、小田原市内に進出 神奈川の商勢圏拡大(2018.09.26)

     ヤオコーが11日に開設した小田原ダイナシティ店(神奈川県小田原市)は、同社の商勢圏では西端に位置する。神奈川県で8店目、埼玉県内のデリカ生鮮センターや物流センターからは距離的に限界としていた小田原市内に進出した。

     川野…

  • 小売

    惣菜売場は什器も一新し、平台も使ってゾーンで展開

    サミット、競合対策で大型改装 南加瀬店に最新売場(2018.09.26)

     サミットは、8日に「サミットストア南加瀬店」(川崎市幸区)を改装オープンした。13日にヤオコー子会社のエイヴイが開店した「エイビイ新鶴見店」(横浜市鶴見区)に対抗し、最新の売場づくりや品揃えをできるかぎり導入した。05年3月に改装し…

  • 小売

    イオンリテール、2人向けクリスマスケーキ強化(2018.09.26)

     イオンリテールは、今年のクリスマスケーキの販売戦略として2人向けのプチデコレーションケーキを強化する。昨年の予約で2人向けケーキが前年より1.5倍と好評だったため、今年はラインアップを去年より2品増やし6品で展開する。

  • 農産加工

    米粉大手、輸出本腰 国の支援体制活用(2018.09.24)

     日本米輸出拡大に向け加工品の米粉大手も本腰を入れ始めた。日本貿易振興機構(ジェトロ)による情報や商談機会の提供を通じた販路構築、日本食品海外プロモーションセンター(JFOODO)による広告やプロモーション活動を通じた海外ビジネスの後…

  • 小売

    簡単・便利メニューで訴求する冷凍食品の独自ブランド「イーズアップ」やレンジアップ商品群

    イトーヨーカ堂、冷食で独自ブランド 個食・時短メニューで訴求(2018.09.24)

     イトーヨーカ堂は高まる個食や簡便ニーズに対応し、冷凍食品で独自ブランド「EASE UP(イーズアップ)」を新たに展開するほか、生鮮部門でもレンジアップ商品も拡充し、調理を簡単に済ませられる時短メニューの商品群として訴求する。24日か…

  • 酒類

    現地で展開する「サッポロプレミアムビール」

    サッポロビール、中国市場に本格参入 22年100万ケース目指す(2018.09.24)

     サッポロビールは今秋、世界最大の規模を誇る中国ビール市場に本格参入する。これまで中止していた同国への輸出を10月に再開し、現地でのブランド確立を進める。

     総代理店をアンハイザーブッシュインベブ(ABI社)の現地子会社に…

  • 小売

    住宅地を回る軽トラックの「せいきょう便」

    みやぎ生協、「せいきょう便」に注力 仙台圏は初展開(2018.09.24)

     【東北】みやぎ生協は移動店舗「せいきょう便」に力を入れている。震災後の2011年8月、応急仮設住宅対応として石巻市・蛇田店から始まり、その後登米市・加賀野店、大河原町・大河原店で移動販売の車を走らせている。17日には仙台圏で初めてと…

  • 水産加工

    山忠、2工場でFSSC22000取得(2018.09.24)

     【九州】山忠では8月、本社工場およびリバーパーク犬飼工場の両工場で、FSSC22000を取得した。本社工場では「海藻加工食品の設計・開発及び製造」で、リバーパーク犬飼工場では「海藻加工食品の製造」となっている。

     近年、…

  • その他

    前列左から水口俊介理事、松澤佑次代表理事、下村伊一郎理事、芦谷浩明理事。後列左からアドバイザーの宮下政司氏、坂田利家氏、葛西一貴氏、柳澤幸江氏

    「噛むこと健康研究会」発足 認知拡大目指す(2018.09.24)

     「噛むこと健康研究会」がこのほど発足した。代表理事には、松澤佑次住友病院院長が就いた。同研究会は、かむことの健康についての研究を行いその効果を世の中に広めることを目的とする。かむことは健康に深く関与し、人にとって大切な基本行動である…

  • びん・缶詰

    日本缶詰びん詰レトルト食品協会、逸見賞決まる 今年度は2本(2018.09.24)

     日本缶詰びん詰レトルト食品協会は14日、「平成30年度逸見賞」の選考結果を発表した。缶詰(飲料を含む)などの製造技術の発展に寄与した研究や論文に対して毎年度贈呈するもの。今年度は以下の2本の受賞が決まった。

     ▽「甜菜糖…

  • 外食

    吉野家のおつまみメニューに合うアマゾン直輸入ワインを厳選

    吉野家とアマゾン、100円でワイン提供 利用機会拡大へ協業(2018.09.24)

     吉野家とアマゾンジャパンは18~21の4日間、吉野家有楽町店(東京都千代田区)で共同販促を展開した。「ちょい飲み」需要の取り込みを狙った「吉呑み」メニューに、アマゾンジャパンの直輸入ワイン3品を追加、グラス1杯100円で提供する。ち…

  • 農産加工

    左から角谷武彦CMO、堤口貴子社長、細川モモ代表理事

    まめプラス推進委員会と紀ノ国屋、大豆素材サンドイッチで働く女性をサポート(2018.09.24)

     不二製油グループ本社が代表を務める、まめプラス推進委員会は18日、紀ノ国屋が日本橋高島屋S.C.店に開店する「KINOKUNIYA entree(キノクニヤアントレ)」で限定販売する大豆を挟んだコッペパンサンドイッチ「SOY TIM…

  • 菓子

    バリーカレボージャパン、第4のチョコ「RB1」業務用に販売開始(2018.09.24)

     スイスに本社を置くグローバルチョコレートメーカーであるバリーカレボー社の日本法人バリーカレボージャパンは、ダーク・ミルク・ホワイトに次ぐ、第4のカテゴリーのチョコとして開発したルビーチョコレートの新商品「カレボー ルビーチョコレート…

  • 小売

    ユニー、上質PB「プライムワン」でこだわり原料のコッペパン2品発売(2018.09.24)

     【中部】ユニーは24日、上質とこだわりを提供するプライベートブランド「プライムワン」から、北海道産小麦を使用したしっとり食感が特徴のコッペパン「こだわりの贅沢コッペ」2アイテムを新発売した。

     アイテムは、「小倉&マーガ…

  • 酒類

    小西酒造、秋冬新6商品上市 ラベル刷新アイテムも(2018.09.24)

     【関西】小西酒造は、秋冬新商品として「白雪純米吟醸赤富士180mlカップ詰」「KONISHI 碧冴えの澄みきり 純米180ml紙カップ詰」「摂州男山純米バッグ・イン・ボックス3.0L詰」(業務用)、「白雪純米ひやおろし720ml瓶詰…