日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

  • 酒類

    日本酒類販売、シャンパーニュ「ニコラ・フィアット」に桜模様限定ボトル(2019.03.04)

     日本酒類販売はシャンパーニュ「ニコラ・フィアット」の限定ボトルを投入する。特徴は桜模様のボトルで、桜の季節に消費者が手に取りやすいデザインとした。「今年は同ブランドの輸入を始めて10年目を迎える記念の年。今秋にも新商品の投入を考えて…

  • 小麦加工

    寿がきや食品、「京都らぁ麺とうひち 鶏醤油らぁ麺」発売(2019.03.04)

     【中部】寿がきや食品は11日、「京都らぁ麺とうひち 鶏醤油らぁ麺」(税別238円)=写真=を新発売する。ミシュランガイド京都・大阪17、18、19で3年連続「ビブグルマン」を獲得した京都の人気店「らぁ麺とうひち」の看板メニューをカッ…

  • 菓子

    「オリゴスマートミルクチョコレート」

    明治、健康志向のチョコ強化 フラクトオリゴ糖を使用(2019.03.04)

     明治は健康志向チョコレートを強化する。「チョコレート効果」で訴求してきたカカオから健康を考える高カカオチョコに続き、「糖から健康を考える」という新たな視点で開発した、糖として吸収されないオリゴ糖「フラクトオリゴ糖」を使用したチョコ「…

  • 乳肉・油脂

    野口英俊執行役員(左)と玉井広之執行役員

    米久、春新商品・リニューアル35品発売 得意ジャンルを強化(2019.03.04)

     米久は19年春新商品で、ハムソー新商品10品、リニューアル5品、調理食品新商品9品、リニューアル3品、業務用新商品8品の計35品を発売する。新商品テーマは「社会構造変化に伴った生活者の価値変化への対応」。ローストビーフなど得意ジャン…

  • 菓子

    米菓業界、成長へ若年層需要開拓 洋風米菓の可能性探る(2019.03.01)

     米菓業界は次の成長ステージを見据え、若年層の需要開拓に本腰を入れる。これまで、さまざまなコスト増への対応策として選択と集中を推進。しかし画期的なヒット商品の不在など、さらなる飛躍への決定打に欠けた。こうした現状から抜け出すため、洋風…

  • その他

    山東昭子参議院議員

    食品ロス削減議員立法大詰め 超党派で早期成立へ(2019.03.01)

     「食品ロス削減及びフードバンク支援を推進する議員連盟」など超党派の国会議員らが成立を目指す食品ロス削減推進の議員立法が大詰めを迎えた。近く開く議員連盟の会合で法案を固め、今通常国会に提出、早期成立を目指す。同議員連盟の会長を務める山…

  • 小麦加工

    日清製粉グループ本社、豪製粉会社を買収 海外事業、一層加速(2019.03.01)

     日清製粉グループ本社と同社子会社の日清製粉は2月27日、豪州の製粉会社Allied Pinnacle Pty Limited(Allied Pinnacle社)を買収することを決定し、豪州のプライベート・エクイティ・ファンドPaci…

  • 調味

    藤村浩史専務

    ハウス食品とギャバン、初のコラボで業務用カレーフレーク 10億円目指す(2019.03.01)

     ハウス食品はギャバンとの共同開発で深いコクの余韻としっかりとしたスパイスの香りが特徴のハウス「GABANカレーフレーク」を2月から全国の業務用市場で展開している。「GABANカレーフレーク」は初年度で年間1億円の売上げを見込み、長期…

  • 農産加工

    日本穀物検定協会、18年産米食味ランキング 特A過去最高(2019.03.01)

     日本穀物検定協会は2月27日、18年産米食味ランキングを公表した。出品された全国154産地品種の中から過去最高の55銘柄が最高特Aランクを獲得。コメの良食味化が進んでいる。うち「魚沼コシヒカリ(コシ)」が特Aに返り咲いた。制度始まっ…

  • 小麦加工

    マルタイ、即席麺製品など値上げ(2019.03.01)

     【九州】マルタイは6月1日出荷分から即席麺製品などの価格改定を行う。原材料や資材の価格が高騰し、物流費、人件費が上昇していることを受け、希望小売価格を5~8%程度値上げする。

     主な対象商品の新価格(税抜き)は、棒状麺の…

  • 小麦加工

    サンヨー食品、即席麺製品を値上げ(2019.03.01)

     サンヨー食品は2月27日、即席麺製品の価格改定を発表した。原材料、包装資材などの高騰に加え、人件費、物流費が上昇している中、同社では生産や物流の効率化でコスト抑制に取り組んできたものの、企業努力だけではコスト増が吸収できなくなったた…

  • 水産加工

    永谷園「さけ茶づけ」、サケ増量で消費喚起 CMと大型販促連動(2019.03.01)

     永谷園は「さけ茶づけ」のサケフレークを初めて増やし、見栄えと食べ応えを高めた。単体のTVCM(写真)、初の手ぬぐいプレゼントキャンペーンと大型の販促策を揃えた。ヘビーユーザーの消費を促す。欅坂46カードを入れ、売上げを増大した若年喚…

  • 水産加工

    日本水産が健康経営銘柄に 農林水産業で初(2019.03.01)

     日本水産(ニッスイ)は2月21日、経済産業省と東京証券取引所の共同による「健康経営銘柄2019」に選定された。農林水産業では初となる。「健康経営銘柄」は東京証券取引所の上場企業の中から、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に…

  • 小売

    レジ業務無人化実証実験の流れ

    近商ストアと東芝テック、レジ業務無人化の実証実験スタート(2019.03.01)

     【関西】近商ストアと東芝テックは3月4日~4月12日の期間、松原店、上本町店で、スマートフォン・映像解析技術を活用したレジ業務無人化の実証実験を実施する。

     映像をAIで解析することで、レジに並ぶことなく商品登録ができる…

  • 卸・商社

    臼田真一朗社長

    関東食糧、新物流センター落成祝賀会開く 「好立地生かして関東全域へ」(2019.03.01)

     関東食糧は2月21日、さいたま市浦和区の浦和ロイヤルパインズホテルで食空間創造Baseの落成祝賀会を開催。仕入先など約300人が参加し、新物流センター落成を祝った。

     臼田真一朗社長は、「2013年に急逝した先代(父・満…

  • 農産加工

    納豆市場、18年は8%増2497億円 納豆連調査(2019.03.01)

     全国納豆協同組合連合会(納豆連)が2月22日に発表した18年の納豆の市場規模は、前年比8%増の2497億円となったもよう。14年から第4次成長期が続いている。1世帯当たりの消費金額は7%増の4234円。消費金額の全国1位は盛岡市の6…

  • 冷凍・チルド

    祝賀会であいさつする大河原愛子会長(中央)

    ピザ協議会、設立25周年宣言 「ピザ愛する皆と前進」(2019.03.01)

     ピザ協議会(大河原愛子会長=ジェーシー・コムサ会長)は2月21日、東京都内で19年度定時総会を開催し、通常議案とともに「ピザ協議会設立25周年宣言」を採択した。宣言では「初心に立ち返り、おいしいピザを提供し続ける」(大河原会長)決意…

  • 乳肉・油脂

    栗原信裕社長

    ハーゲンダッツジャパン、19年度はグリーンティー強化元年 売上高6%増目指す(2019.03.01)

     ハーゲンダッツジャパンは2019年度(19年1~12月)を「グリーンティー強化元年」と位置付け、さらなるブランド成長を目指す。18年度は前年比5%減の売上高501億円で着地。設立35周年を迎える今期は、日本発のグローバル・フレーバー…

  • 酒類

    キリンビール、「氷結」ダイヤカット缶が立体商標に登録(2019.03.01)

     キリンビールが「氷結」に採用しているダイヤカット缶=写真=が立体商標に登録された。容器の形状だけで「氷結」ブランドと認識できる独自性が評価された。キリンが2月21日に「文字や図形などが表示されていない包装容器での登録。酒類食品では非…

  • 農産加工

    中央が高丸食品「国産中粒納豆」

    納豆連、全国納豆鑑評会開催 高丸食品が異例の2年連続最優秀賞(2019.03.01)

     全国納豆協同組合連合会(納豆連)は2月22日、札幌市の札幌パークホテルで「第24回全国納豆鑑評会」を開催、18年に続き愛知県・高丸食品「国産中粒納豆」が最優秀賞(農林水産大臣賞)を受賞した。2年連続の受賞は異例。

     納豆…