日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

紅茶特集:明るい兆し 「紅茶感」を訴求活発な製品投入

飲料 2018.02.21 11664号 07面

 緩やかに下降を続けていた紅茶市場に光が差し始めている。前年比で見れば、微減傾向は続くが、インバウンド需要に端を発する「ロイヤルミルクティー」(三井農林)や紅茶の周辺領域を中心とするインスタント製品の好調に加え、こだわり系と呼ばれるプレミアムティーバッグの伸長やフルーツ&ハーブ製品の増加など、明るいニュースが続く。

 この春夏は各社からインスタントティーやリキッドなど、手軽に本格的な紅茶を楽しめる製品投入が活発化している。紅茶感のあるアイス飲用提案など、ロイヤルユーザーに加え、...続きを読む