日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

包装米飯特集:無菌米飯、7年連続でプラス 「常備」する「日常食」へ

農産加工 2017.09.22 11593号 07面

 包装米飯は16年トータルでは微減となったが、パックご飯を意味する無菌包装米飯に関しては、7年連続での伸長を記録した。無菌包装は佐藤食品工業が30年前に切り開いた市場。この間、世帯構成の変化に応じて、便利さへの評価を向上させてきた。加えて防災食として口にすることなどで、味わいも見直されている。かつての非常食ではなく、家庭に常備する日常食として浸透が進んでいる。(丸山正和)

 ●誕生30年、600億円見込む規模に 便利さ向上、味わい見直す

 包装米飯市場は16年前年比0.8%減で着...続きを読む