日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

近畿中四国業務用低温流通特集:新規業態・得意先獲得も不安視 業界の働き方変わる一年に

卸・商社 2017.05.30 11532号 01面

 16年度の業務用卸各社と総合卸低温部門・フードサービス部門の業績が大半出揃った。2020年の東京オリンピック・パラリンピックまでは伸び続けると期待された外食などの業務用市場だが、年間給与所得の実質的減少や将来不安による節約志向、天災や天候不順などのマイナス要因に再デフレ化も加わって、16年度の後半は勢いが失速。新規業態の開拓や新規得意先の獲得で売上げは伸長させるも、既存ルートでの成長速度は確実に落ちたようだ。さらにサービス業のすべてが陥る人手不足問題と政府の働き方改革推進が...続きを読む