日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

スパイス特集:しびれブームで花椒など人気 家庭用は拡大傾向続く

調味 2019.01.23 11823号 12面

 スパイスを取り巻く環境は、家庭用が全体として伸長し業務用は主要原料価格が安定していることで堅調な推移を続けている。総じて市場は拡大傾向にあるといえる。最近は、しびれブームにより花椒(ホアジャオ)やサンショウがメディアへの露出が増え、外食や中食でのメニューの定番化が進んでいる。これまでは業務・加工用で数字を伸ばしてきた花椒などだが、昨年は家庭用の単品スパイスでも数字を伸ばした。各メーカーが花椒やサンショウを使用した商品を今年、多く投入することから今後は外食や中食だけなく、内食...続きを読む