日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

農水省 模倣品の排除に向けて 知財の権利化と適切な保護管理を

農産加工 統計・分析 2018.03.12 11672号 09面

日本由来の品種が韓国に流出。韓国で品種改良が進み品種登録された「ソルヒャン(雪香)」
日本由来の品種が韓国に流出。韓国で品種改良が進み品種登録された「ソルヒャン(雪香)」


 政府が2020年に向けて掲げた農林水産物・食品の輸出額1兆円目標達成は、19年に前倒しになり、17年には8073億円に伸びた。順調な輸出額の裏で、アジアマーケットで、わが国の高品質でおいしい農林水産物・加工食品の模倣品が生産・製造され、言葉を選ばなければ海外勢にじゅうりんされている。特に注目される模倣品は、メロン、イチゴ、マスカットなどの果実類であろう。これらは日本で品種改良が進み、海外マーケットでも一定の値段で、高品質や安全・安心などをキーワードに販売されている。その一方・・・
[全文は電子版会員登録を]