日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

ベーカリー・ワールドカップ最終選考会 日本代表は二宮、津田、勝海氏

小麦加工 ニュース 2017.03.15 11498号 08面

右から二宮茂彰氏、津田宜季氏、勝海遥平氏
右から二宮茂彰氏、津田宜季氏、勝海遥平氏

 日本フランスパン友の会は2月22~25日、モバックショウ特設会場で「クープ・デュ・モンド・ド・ラ・ブーランジュリー2020」選考会を開催し、パン部門で、二宮茂彰氏(帝国ホテル調理部べーカリー課所属)、ヴィエノワズリー部門で、津田宜季氏(神戸屋企画開発部商品開発担当)、飾りパン部門で、勝海遥平氏(東京ポンパドウル)を代表選手に決定した。今後、3選手は、アジア大会へ向けてトレーニングを開始する。

 「クープ・デュ・モンド・ド・ラ・ブーランジュリー」は91年、フランスのMOFが中心・・・
[全文は電子版会員登録を]