日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

山星屋、市場シェアを拡大、卸機能の強化 経常利益率1%以上へ

卸・商社 ニュース 2017.05.19 11526号 01面

小西規雄社長
小西規雄社長

 山星屋は第7次2ヵ年中期経営計画「ニューエボリューション2017〈可能性から実行へ〉」の最終年度を迎える今期、「マーケットシェアの拡大」「卸機能のさらなる強化」など重点施策を引き継ぎ実行する。16年9月に主要CVSとの取引中止を受けて17年8月までその影響を受けることから、今期は減収減益を見込む。15日に開催した「プロス会総会」で小西規雄社長は「内容の伴わない売上げは追わず、経常利益率1%以上を目指す」との考えを示し、「卸としてのマーケティング機能に磨きをかけて顧客の潜在的・・・
[全文は電子版会員登録を]