日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

インアゴーラ「100年100社プロジェクト」 「豌豆」で商品販売 1世紀企業紹介し、購買喚起

小売 ニュース 2018.01.15 11645号 03面

 中国消費者向け唯一の日本商品特化型越境ECプラットフォーム「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」を運営するインアゴーラは、約100年以上の歴史を持つ日本企業100社を集め、中国向け越境ECプラットフォーム「ワンドウ」で販売する 「100年100社プロジェクト」を昨年12月28日から開始した。同プロジェクトは、中国消費者に「爆買い」商品にとどまらない日本の商品の奥深い魅力を伝える新しい取組みで、1世紀企業の歴史などを丁寧に紹介することで購買を喚起する。

 グローバル市場で、日本に・・・
[全文は電子版会員登録を]