日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

製パン業界、価格改定に慎重姿勢 高単価の強化継続 低価格帯品質向上も

小麦加工 ニュース 2018.01.22 11648号 01面

飯島延浩日本パン工業会会長
飯島延浩日本パン工業会会長

 製パン業界は、17年秋の輸入小麦の政府売渡価格の引き上げに加え、油脂価格なども上昇を続けるなど厳しい局面にあるが、「値上げ」は選択しないとの観測が広がる。

 東京都内で19日開催した日本パン工業会の記者会見で飯島延浩会長(山崎製パン社長)は、原材料価格の高騰に加えて人手不足による人件費、物流コストが上昇していることを指摘しながらも「製品価格の値上げは現在では考えていない」とし、高品質高単価商品の強化を継続しながら低価格帯商品の品質向上に取り組む2軸での展開を継続して強化する考・・・
[全文は電子版会員登録を]