日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

寺岡精工、励起蛍光方式の一般生菌数可視化装置発売 試薬使わず迅速測定

機械・資材・IT ニュース 2017.10.02 11600号 11面

コンタミグラフィー「一般生菌数可視化装置」
コンタミグラフィー「一般生菌数可視化装置」

 寺岡精工は、食品業界初となる励起(れいき)蛍光方式(物質に光を照射して発光させる)を利用したコンタミグラフィー「一般生菌数可視化装置」(荏原実業製)を10月中旬から発売する。

 これまでの培養法による検査では48時間以上かかっていた食肉などの一般生菌の測定を、試薬を使わず5分以内に実施できる装置だ。原材料の受入検査、加工プロセスでの検査、未加熱・加熱製品の振り分け作業を迅速化する。HACCP導入の推進や原材料および製品検査段階での品質スクリーニングなどでの省力化・効率化、スト・・・
[全文は電子版会員登録を]