日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

グレープフルーツ需給逼迫 米国減産など影響 レモンは収穫良好

農産加工 ニュース 2017.12.22 11636号 01面

 世界的にグレープフルーツの需給が逼迫(ひっぱく)している。米国でのハリケーンはフロリダのグレープフルーツ農家を直撃し、壊滅的な状態だ。ここ数年、米国が減産傾向にある中、南アフリカ(南ア)に産地は移行しつつあったが、米国の突然の大減産で南アも対処しきれない状況。イスラエルは北米、南アの状況を見ながら値上げの方向だ。日本では生食だけでなく、ガムやスポーツドリンクのフレーバー、サワーの割り材など世界の中でもグレープフルーツ果汁やオイルのニーズは高い。

 一方、ここ数年主要産地アルゼ・・・
[全文は電子版会員登録を]