日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

工場訪問:モランボンプロダクツ・津山工場 BCP対策・増産にも対応

機械・資材・IT 統計・分析 2018.07.09 11727号 09面

モランボンプロダクツの津山工場外観
モランボンプロダクツの津山工場外観


 モランボンプロダクツは2日、西日本エリアへの中華皮(ギョウザ・春巻き)と液状レトルト食品供給の生産拠点として、岡山県津山工場の本稼働を開始した。生産管理には製造工程管理と履歴管理ができる専用のワークシステム「MSS」を採用し、原材料のトレース管理から製造工程管理まで製品情報を一元管理できる。中華皮の生産能力は日産3万4000パック、レトルト食品は同2万7000パックを見込む。中華皮供給国内トップメーカーとして責任を果たすべく、東西二つの生産拠点でBCP対策を施した。また、サ・・・
[全文は電子版会員登録を]