日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

ホッカンホールディングス、第2四半期は全事業で増収増益 記録的猛暑が要因

機械・資材・IT 決算 2018.12.07 11805号 02面

 ホッカンホールディングス(HD)の2019年3月期第2四半期決算は売上高676億6700万円(前年比7.3%増)、営業利益は54億5000万円(同14.9%増)、経常利益は59億1900万円(同9.9%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は41億2900万円(同5.3%増)で、主力の容器・充填・機械製作事業他、全事業で増収増益となった。4~5月にかけての晴天、例年より早い梅雨明け、記録的な猛暑が充填事業を中心に販売を押し上げる大きな要因となった。営業利益は2桁増だが、容器事・・・
[全文は電子版会員登録を]