日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

サトー「coro-eye」、科学的に食べごろ予測 果物へ安心感付与

機械・資材・IT ニュース 2018.12.07 11805号 03面

「coro-eye」サービスの全体像
「coro-eye」サービスの全体像

 サトーは、さまざまな果物の果肉の硬さを非破壊で測定し、好みに応じておいしく食べられる食べごろを科学的に予測する世界初のサービス「coro-eye(ころあい)」を開発。12月から全国の青果店、スーパー、デパートなどの果物取扱店舗や、直販を手掛ける生産農家への販売を始める。贈答用の果物市場で売上げの約5割を占める5品目(メロン・桃・マンゴー・スイカ・ナシ)から開始し、将来的に8割の果物に対応する予定だ。同社は生産農家や販売店向けに必要なラベルやプリンター、硬度測定機などの販売・・・・
[全文は電子版会員登録を]