日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

第一精工、「匂いセンサ」今秋上市へ 品質・鮮度管理など新市場創出

機械・資材・IT ニュース 2019.02.04 11831号 09面

今秋上市予定の「匂いセンサ」
今秋上市予定の「匂いセンサ」

 第一精工は「匂いセンサ」を開発し、今秋の上市に向け準備している。主な用途では、品質・鮮度管理、疾患検知、有害物質検知、空間測定などこれまでにない新しい市場を創出したセンサーの利用を想定する。食品・飲料向けには香品質管理、生鮮品の鮮度管理・腐敗検知、食品容器への有害物質残留検知などに利用できる可能性が高い。手のひらサイズのコンパクト設計で、スマートフォン(スマホ)で簡単に操作ができる。同社は凸版印刷と「匂いセンサ」を活用した共同実証実験でブラックコーヒーの識別にチャレンジし、・・・
[全文は電子版会員登録を]