日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

日本機械工業連合会、優秀省エネ機器・システム表彰 長官賞は2社受賞

機械・資材・IT ニュース 2019.02.15 11836号 07面

今回受賞した生田涌希フジキカイ代表取締役社長(右)と加賀邦彦三菱電機冷熱システム製作所所長
今回受賞した生田涌希フジキカイ代表取締役社長(右)と加賀邦彦三菱電機冷熱システム製作所所長

 日本機械工業連合会は7日、東京・飯田橋のホテルグランドパレスで、「平成30年度優秀省エネ機器・システム表彰式」を行った。食品関連では、三菱電機のヒートポンプ・静置デシカント一体式除湿機「DEH-SP3A」が資源エネルギー庁長官賞を、フジキカイが超音波加熱シール式横型ピロー包装機「newTLM-αシステム」が中小企業庁長官賞をそれぞれ受賞した。

 大宮英明同会会長は「20件の応募があり、公正な審査の上、11機器が表彰された。開発者の尽力が結実した最高水準の成果で、わが国の省エネ・・・
[全文は電子版会員登録を]