日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

宝ホールディングス、宝酒造の海外事業を分社化

酒類 ニュース 2017.02.22 11489号 02面

 【関西】宝ホールディングス(HD)は16日、傘下の宝酒造が海外で展開している酒類販売と日本食材卸の両事業を分社化すると発表した。7月3日に宝HDの完全子会社となる「宝酒造インターナショナル(仮称)」を設立し、事業を移管する。

 宝酒造は2010年にフランスのフーデックス社を皮切りに、複数の企業をグループに迎え入れ、海外事業規模を拡大している。17年3月期の海外事業の売上高は約350億円(見込み)となっている。新会社設立は、海外事業の成長をさらに加速させるため、迅速な意思決定を・・・
[全文は電子版会員登録を]