日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

剣菱酒造、酒造道具木工所を公開 伝統を次世代に継承

酒類 ニュース 2018.06.25 11722号 03面

報道陣に公開された酒造道具木工所
報道陣に公開された酒造道具木工所

 【関西】剣菱酒造は19日、神戸市東灘区の同社敷地内でこのほど稼働を開始した酒造りに使用する道具を製作する「酒造道具木工所」を報道陣に公開した。

 木製の暖気(だき)だるや甑(こしき)といった昔ながらの酒造りに欠かせない道具を自社製作することで、伝統の酒造りを次世代に継承していく。

 木工所は昨年12月に完成、今年5月下旬から稼働を開始した。2階建てで延べ床面積は約620平方m。総工費は約5億5000万円。

 暖気だるは、中に熱湯を詰めて酒母の入ったタンクに投入し、酵母を増やす際に・・・
[全文は電子版会員登録を]