日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

日本公庫、「こと京都」で講義 新規就農の手助けを

その他 セミナー・催し物 2018.08.10 11744号 08面

「農業経営の開始に向けて」などをテーマに行われた講義
「農業経営の開始に向けて」などをテーマに行われた講義

 【関西】日本政策金融公庫(日本公庫)京都支店および近畿地区は7月25日、新規就農を目指す研修生が多く在籍する「こと京都」の向島工場(京都市伏見区)で、「農業経営の開始に向けて」「損益計算書と資金繰りについて」をテーマとした講義を行った。

 九条ねぎの生産、加工、販売を行うこと京都は、新規就農を目指す研修生の人材育成と、独立時のサポートを積極的に行っている。研修生は、おおむね3~4年(最大5年)の研修期間中に、栽培技術、農作業技術などの基本研修や圃場管理、生産管理や加工販売など・・・
[全文は電子版会員登録を]