日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

大阪国税局清酒鑑評会表彰式 62点が優秀賞 受賞機に需要喚起を

酒類 ニュース 2018.11.09 11793号 06面

榎本直樹大阪国税局長(右)から表彰状を受け取る伴光博白鶴酒造生産本部製造部門統括部長
榎本直樹大阪国税局長(右)から表彰状を受け取る伴光博白鶴酒造生産本部製造部門統括部長

 【関西】近畿2府4県で製造された清酒の品質を評価する「清酒鑑評会」の表彰式が10月31日、大阪国税局(大阪市中央区)で行われた。「吟醸酒」と「燗酒用清酒」の2部門に出品された88業者(101製造場)176点の中から41業者(51製造場)62点が「優秀賞」に選ばれた。(藤林敏治)

 表彰式では榎本直樹大阪国税局長のあいさつに続き、岩槻安浩大阪国税局鑑定官室長が「今年の出品酒は、コメのうまみを十分に引き出しながら調和の取れた優れた酒質のものが多く見られた」と審査報告を行った。その・・・
[全文は電子版会員登録を]