日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

黄桜、「生塩麹」発売 生きた酵素でうまみ引き出す

調味 ニュース 2019.02.20 11838号 09面


 【関西】黄桜は、「京のおばんざい」や「京料理」の同社直営店で人気メニューに使用する塩麹を基に商品化した黄桜「生塩麹」=写真=を1日、発売した。

 麹の酵素の働きを最大限活用するために熱を加えない「生」タイプの塩麹。生きた酵素が、肉や魚のうまみを引き出し、軟らかくさせる。日本酒蔵元ならではの純米吟醸酒を加えたことで、アミノ酸や有機酸のうまみ成分がプラスされ、魚肉料理の下ごしらえに使うだけでなく、味を調える調味料としても使える。揚げ物、焼き物、炒め物などさまざまなレシピに活用でき・・・
[全文は電子版会員登録を]