日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

辰馬本家酒造、蔵開きに5500人来場 白鹿の酒と食を堪能

酒類 セミナー・催し物 2019.02.22 11839号 09面

限定酒を買い求める人らにぎわったイベント
限定酒を買い求める人らにぎわったイベント

 【関西】白鹿ブランドを展開する辰馬本家酒造は16日、兵庫県西宮市の同社で、白鹿の酒とともに食のうまみを楽しんでもらうイベント「白鹿と食を楽しむひととき」を開催した。この日限定の日本酒をはじめ、寿司やおでんなどを販売するブースが並び、訪れた人らが白鹿の酒が生み出す食とのマリアージュを堪能した。

 同市内の6社の蔵元(寶娘、白鷹、徳若、日本盛、大関、白鹿)の敷地を開放して、できたての新酒を味わいながら「西宮の日本酒」に親しんでもらう「西宮蔵開2019」の一環。日本酒ファンや家族連・・・
[全文は電子版会員登録を]