日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

月桂冠、「大吟醸」に生詰採用 酒質とラベル刷新

酒類 ニュース 2019.03.20 11851号 07面


 【関西】月桂冠は、「大吟醸」(720ml瓶・参考小売価格税別1100円、300ml瓶・488円)=写真=の酒質とラベルデザインを刷新して全国で発売する(720ml瓶は3月中旬から、300ml瓶は4月下旬から順次出荷)。

 瓶詰前の加熱処理をしない「生詰」(なまづめ)の採用などで、フレッシュでフルーティーな風味にグレードアップ。ぜいたくな大吟醸酒を手頃な価格で楽しめる。

 容器には黒色の瓶を用い、金色のキャップやキャップシールをかぶせることで、高級感と上質さを表現。和紙風のラベル・・・
[全文は電子版会員登録を]