日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

沢の鶴、蔵開き開催 真摯に酒造りまい進 高級酒試飲などでにぎわう

酒類 セミナー・催し物 2019.03.22 11852号 05面

乾杯を行う西村隆社長(ステージ左端)ら
乾杯を行う西村隆社長(ステージ左端)ら

 【関西】沢の鶴は16日、神戸市灘区の本社工場と沢の鶴資料館で「沢の鶴 蔵開き」を開催した。高級酒の有料試飲や焼き鳥など日本酒に合う料理の販売などがあった。約3500人が来場し、にぎわった。

 地域住民とともに酒文化を楽しもうと、今回で11回目を迎えた。本社工場と道を挟んだ向かい側にある灘浜緑地で開催された「菜の花まつり」にも協賛した。

 本社工場では四季醸造蔵「瑞宝蔵」の見学会が実施された。特設ステージでは樽こも巻きの実演、鏡開き、沢の鶴酒造り唄研究会による酒造り唄が披露された・・・
[全文は電子版会員登録を]