日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

胃心伝真=支援制度

その他 コラム 2018.06.04 11710号 01面

 イズミは、奨学金の返済を支援するための制度を導入すると発表した。2019年度に入社する新入社員から適用するとのことで、大学や大学院の在学時に日本学生支援機構や地方自治体の奨学金を受け取った社員に支給する▼奨学金返済の滞納が社会問題化する中で、同社は会社の制度として新入社員を支援し、長期雇用や優秀な学生の確保につなげていく方針だ▼人材不足が深刻化し「売り手市場」といわれる中、こうした制度を導入する中小企業が増えており地方自治体もそうした企業へ支援する動きも進んでいる。広島では・・・
[全文は電子版会員登録を]