日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

フルタ製菓としまなみジャパン、包括連携協定を締結 サイクリングで聖地振興

菓子 ニュース 2019.03.20 11851号 06面

菅良二理事長(左)と古田盛彦社長
菅良二理事長(左)と古田盛彦社長

記念商品「しまなみわなげチョコレート」
記念商品「しまなみわなげチョコレート」

 【中国】フルタ製菓と一般社団法人しまなみジャパンは13日、サイクリング観光振興に関する包括連携協定を締結し、愛媛県今治市のサイクリングターミナル「サンライズ糸山」で締結式を行った。

 フルタ製菓の今期で50周年を迎えたロングセラー商品「わなげチョコ」の“リング”型が、「サイクリングの聖地」であるしまなみ海道と、“リング”という共通点を通して包括連携協定を結ぶこととなった。広島県尾道市と愛媛県今治市の間に浮かぶ島々を九つの橋でつなぐ「瀬戸内しまなみ海道」は1999年に開通し、今・・・
[全文は電子版会員登録を]