日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

旭合名会社(愛媛県宇和島市) 豪雨災害から8ヵ月、復活に向け着実に歩む

味噌・醤油 ニュース 2019.03.22 11852号 01面



 【中国】2018年7月に発生した西日本豪雨災害は西日本各地に大きな傷痕を残した。愛媛県宇和島市吉田町でも町内を流れる河川が氾濫し、山の斜面を濁流が流れ落ちた。

 この吉田町で1882(明治15)年に創業した醤油醸造メーカーの旭合名会社も大きな被害を受けた。新しくしたばかりの本社屋をはじめ、工場も泥水に漬かり、保管していた在庫や原材料などが被害を受けたほか、醤油の製造に使用する樽や冷蔵庫のボイラーといった機械設備も使用不可能となった。新社屋で新しいスタートを切ろうとした矢先の災・・・
[全文は電子版会員登録を]