日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

中島大祥堂、夏季限定「ゆず流し」販売 多田錦柚子を使用

菓子 ニュース 2018.05.16 11700号 06面


 【関西】和洋菓子製造販売の中島大祥堂は、展開するブランドの一つ「中島大祥堂」の古民家カフェ「中島大祥堂丹波本店」(兵庫県丹波市)とオンラインショップで、年間数tしか収穫されない「多田錦柚子」を使用したスイーツ「ゆず流し」(写真)を、8月までの夏季限定で販売開始。期間内でもなくなり次第販売は終了する。

 「多田錦柚子」は昭和40年代、徳島県名西郡神山町の多田謙一氏が、山口県の友人から無核ユズの果実をもらい受け、わずかに含まれていた種子をまき育成したのが始まりといわれている。同商・・・
[全文は電子版会員登録を]