日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

阪急阪神百貨店、阪神梅田本店建て替え第I期棟が6月オープン 日常重視し食を強化

小売 ニュース 2018.04.13 11688号 12面

阪神梅田本店第I期棟外観パース
阪神梅田本店第I期棟外観パース

 【関西】建て替え工事が進められている阪急阪神百貨店の阪神梅田本店第I期棟は、6月に先行オープンする。「毎日が幸せになる百貨店」をコンセプトに、日常性を重視し、“食”を中心として毎日を豊かに暮らすための品揃え、ヒントや気づき、楽しさを提案する。(廣瀬嘉一)

 21年秋のオープンに向け、建て替え中の同店I期棟が同月1日先行オープンする。売場面積は約2万7000平方mで、売場は地下1階から地上9階で構成され、地下1階の一部分と地上1~9階は新築の建て物となる。建て替え工事に伴う総投・・・
[全文は電子版会員登録を]