日本食糧新聞 電子版
Twitter
Facebook

日本冷凍食品協会、3年ぶり生産量増加 伊藤会長「さらなる地位向上を」

冷凍・チルド ニュース 2016.12.09 11453号 01面

伊藤滋会長
伊藤滋会長

 日本冷凍食品協会(冷食協)は6日開いた年末会見で、16年の国内冷食生産量の推定値を前年比1~2%増となる153万~155万tと発表した。3年ぶりに増加に転じる見通し。伊藤滋会長(マルハニチロ社長)は「今年一年、冷食市場は比較的順調に推移した」と総括。「来年も市場は順調に伸びるだろう」との見通しを示した。(本宮康博)

 伊藤会長は今年の冷食市場について特に家庭用が好調とし、チャーハンを中心に米飯類がけん引したと振り返った。背景には消費者の内食志向の強まりがあり、ニーズに沿った家・・・
[全文は電子版会員登録を]